スパイスカレー ガル (SPICE CURRY GHAL )

カレーとごはんは別皿で提供。

17

大阪・肥後橋「ガル」 名店デリー出身の店主が作るセンス抜群の“家”カレー|ウォーカープラス

開店と同時に席が埋まり、閉店時間を待たずして完売になることもしばしば。 スープはそれぞれ丁寧に豚骨、鶏がら、野菜で出汁をとり、10数種類のスパイスで仕上げられています。

6

『Ghar(ガル)』肥後橋

「目指したのは毎日食べられるカレー。

大行列ができるカレー屋「Ghar(ガル)」大阪肥後橋

1.ガランガルの名前と歴史 ガランガル ガランガルはショウガ科の植物で、主にその根茎をスパイスとして使います。 口下手なので、いちいちしつこく言うのも 気が引けて、感謝の気持ちを お伝えしきれてないので、 こちらにてお礼を申し上げたいと思います。 タマネギの甘みやトマトの酸味でやさしい仕上がり。

21

スパイスカレーガル*寒い日はスパイスたっぷりなカレーを頂きましょう~!│ランチまま。

またガランガルの味は、噛んでみる限りはショウガのような辛みはありませんが、そもそも硬くて食べられないというのが正直なところです。 パンチの効いた辛さながら、スプーンが止まらない奥行きのある味わいだ。

ポークビンダルー'18|CURRY家 Ghar(ガル)

小麦粉を使わず、コクが有りながらもサラッとしたカレーで、香り豊かに仕上げる。 大原の契約農家を中心に仕入れた約10種の旬の野菜を、マリネや素揚げ、グラッセなど、素材の持ち味を引き出すようそれぞれに調理。 全然普通にうちの、3とか4とか普通に食べいかはる人とかもいて前話しして、小学4年生やったと思うんですけど。

10