JPH05112818A

, p. 321—323. つまり、極端に言えば、炉の中の状態がわからないで品物が出てきます。 107. , p. 通常は、焼入れ後にはを行う。

30

SUS440C

000 claims abstract description 6• 349• また、溶接過程で含まれる拡散性水素も低温割れの原因となる。

全JISステンレス鋼種表|カットウェル

, p. , pp. この3桁の番号はアメリカのAISI規格などをそのままJISにしたことから、もともと、かなり適当につけられていた番号なので、このことがステンレス鋼の全体像を理解しにくくしているように思います。 工業規格のASTM規格を設定、発行している。

13

SUS440C

しばしば、スクラップの買取価格を決める場合の手段に用いられることもありますが、フェライト系やマルテンサイト系は通常鋼にくらべると弱いですが磁石に付きます。

21

析出硬化ステンレスのメカニズム

マルテンサイト組織を低温で焼戻すと,などの組織となり,強度が低下し靭性を増す。 の不具合などにみられるのもこういった組織構造に由来する。 マルテンサイト系のステンレス鋼は、焼入れ焼戻しによって硬さ(強さ)を調整できるという利点(長所)がありますが、耐食耐酸化性などはオーステナイト系などと比べるとかなり低いのですが、他の鋼(工具鋼)と比べると非常に「錆びにくい鋼」です。

日立金属商事株式会社|製品情報|エレクトロニクス関連製品|エレクトロニクス<素材>|超薄板金属箔|ステンレス・ニッケル合金薄板他

その対応としてはMoを増やして炭化物の状態を変えたり、素地の強度を増すなどの方法で高い硬さを得ようと考えられていますが、鋼材としては作りにくくなっていくので鋼材の価格も高くなります。 図3左において、中央部に見られる3方向に分岐する線が旧オーステナイト結晶粒界です。 このグループのステンレスは熱処理により硬化することがほとんどなく、焼なまし 軟質 状態で使用されます。

5