【アレルギー表示の対象は28品目へ】「特定原材料に準ずるもの(食品表示推奨品目)」に「アーモンド」が追加へ食品表示ルール変更!By消費者庁

このため、アレルゲンとしてアーモンドの表示を行うの であれば、可能な限り速やかに行うことが望ましいですが、取扱食品の包装資材 の切替状況等を勘案し、 各食品関連事業者の判断で表示時期を決めていただくこ とになります。 どうも。

表示が義務づけれていない、「アレルギー表示」の特定原材料に準じる「20品目」

実際の対策方法を次章で詳しく解説していきます。 2020年12月3日• また、アーモンドの追加は特定原材料でなく、特定原材料に準ずる ものとしての追加です。

13

アレルギー表示・方法について

アレルギーがある方に寄り添ったお店づくりをしていけば、自ずとアレルギー物質の表示について繊細になります。 カシューナッツ、くるみ、アーモンドは、 表示奨励項目なので、表示されていないこともあるかもしれません。

30

ゼラチンアレルギー概説|日本ゼラチン・コラーゲン工業組合

) 特定の限られた食品から発症することがわかりこの結果に基づき、 症例数、重篤度を加味しながらアレルゲンを国が設定しています。

ゼラチンアレルギー概説|日本ゼラチン・コラーゲン工業組合

(アレルゲンとしての活性が低下します) ただし、ピーナッツは、加熱ロースト処理でアレルゲンとしての活性が高まることが判明しております。 この表示ルールを「特定加工食品」といいますが、2015年4月施行の食品表示法では廃止となりました。 特定原材料や任意表示に関しては注意が必要です。

表示が義務づけれていない、「アレルギー表示」の特定原材料に準じる「20品目」

お客さまのアレルギー症状の程度やその日の体調によって、微量な混入でも発症する可能性があるんです。 卵アレルギーの人が、卵の除去ですっかりきれいになったと思ったら突然悪くなることがあります。 カシューナッツ• また、あわび、いか、大豆などの十八品目を食品に使用した場合には、できるだけ食品のパッケージにこれらの名称を表示するよう努めることとされています。