太宰府天満宮

目に入るモノすべてが、新鮮なんですね。 太宰府はあいにくの雨模様です。

太宰府天満宮

ということでそろそろ帰路につきますが、境内にはお社以外にもたくさんの建物があります。 天満宮にたどりつくまでに参道で寄り道しましたが、先に天神様お詣りの記事から 太宰府天満宮参道 太宰府天満宮の歴史と菅原道真 919年に創建。 太宰府天満宮 菩提樹(ボダイジュ) 6月上旬 戒壇院の菩提樹は、高僧鑑真和上が唐から持ってきたと伝えられています。

【どこかにマイルで福岡6】菖蒲や紫陽花が美しい6月の太宰府天満宮

お土産屋さんも、名物の梅が枝餅のお店もお客さんがほとんどおらず見ていて心が痛みました。 当初は追福が目的でしたが、「壬申の乱」などの戦が起きたことから、鎮護国家(仏教には国家を守護・安定させる力があるとする思想。 大樟と比べると、人間はおろか建物まで小さく見えるほどです。

27

【福岡】福岡の代表的な観光地と言えば太宰府天満宮!今、参道、境内はどうなっている?花手水は?コロナ後初めて行ってみた。│Masaのアジタビ

これは10月18日の「特別受験合格祈願大祭」の開催に合わせたものなので、合格祈願に太宰府天満宮を参拝する場合はこの期間に行くといいかもしれません。

28

【どこかにマイルで福岡6】菖蒲や紫陽花が美しい6月の太宰府天満宮

梅雨の太宰府もまたたのし・・・ 梅雨ですね。 尊称で「菅公」とも呼ばれています。

26

太宰府の花カレンダー|太宰府観光協会

太宰府天満宮の菖蒲池はその両方の美が楽しめる。

15

太宰府天満宮の菖蒲も見頃、ほぼ満開でした^^ | 福岡おでかけブログ

鉢ごとに違う品種で色や花の形が違います。 幹のそばに近づくと大迫力です。

18