ドイツの科学者 屋内コンサートの「コロナ感染実験」の研究結果発表 感染対策を十分取っていれば広がるリスクは低い

料理を入れた容器のふたや料理を取り分けるトング、それに、飲み物の容器の取っ手などを介して広がっていました。 今回のプロジェクトは「Restart-19」と呼ばれるもので、ライプツィヒのコンサートホールに約2000人を集めて実施され、ドイツ人シンガーのティム・ベンツコ(Tim Bendzko)が出演した。

8

お茶で新型コロナ無害化 1分で最大99% 奈良県立医大

JST保有特許のうち生命工学・分析技術を中心にCOVID-19対策に貢献できそうな約30技術を知財部HPで公開しています。

30

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

さらに、他の観客との接触の頻度や互いの距離を電子的に測定するための接触トレーサーも配布された。 なお本実証は、試験用ストリーマ発生装置を用いた実験の結果であり、実機・実使用環境での効果を示すものではありません。

9

新型コロナウイルスに関連した研究機関・研究者、科学技術関連行政機関向けの情報提供:文部科学省

3月に、アメリカの一流科学誌「サイエンス」で、ボストンの研究者がある論文を発表しています。 しかし、20分がたつうちに、それらの一部から水分が蒸発し、エアロゾル化すると予想されるため、チャンバー内には、飛沫とエアロゾルの両方が漂っていたと考えられました。

4

動物実験で、どこまで新型コロナウイルス感染症の症状を“再現”できるか:研究者たちの挑戦と課題

地元の人だけが知る、隠れた「地域資源」の発掘 知名度のある観光スポットだけでなく、地元の人だからこそ知っている風景・特産品・文化等を尾場ゼミの学生がピックアップし、作品に取り込みました。 それから数カ月以内に、さまざまな外部団体のワクチンや薬の試験を開始する。

「新型コロナワクチン」を家族に打たせてはいけない(週刊現代)

特に「一斉休校」は、安倍首相の思いつきと批判が多く上がっています。 ただ、創設者の北里柴三郎以来の長い歴史を感じることが多かったです。 ストリーマ技術は、2004年に当社が実用化したストリーマ放電により有害物質を酸化分解する技術です。