不正競争防止法-営業秘密と民事責任-|リーガレット

7号のように、不正な利益を得、又は営業秘密の保有者に損害を与える目的のことを「図利加害目的」といいます。 侵害者商品と被侵害者商品の需要者の相違• 主な分野として、知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、企業取引、金融法等を取り上げます。

27

店舗外観の模倣は許されるか~コメダ珈琲事件~「不正競争防止法」が護る、企業の価値

他人に損害を与える目的 他人に対して財産上の損害、信用の失墜等の有形無形の損害を加える目的のある場合。 その事情の中には次のようなものが含まれます。 たとえば、「わたなべ皮ふ科」という診療所がある町内に、新たに「わたなべ皮フ科・形成外科」というクリニックが開業した場合を考えてみましょう。

不正競争防止法における営業秘密の3要件とは

具体的には、新聞などへの謝罪広告を出させること、インターネットウェブサイトへの掲載、取引先に対して謝罪文を発送させることなどの方法が、例として考えられます。 )、競業企業に転職した後、転職先の会社が悪意又は重過失で当該従業員からその営業秘密を受け取り、利用した場合には、転職先の会社は、第5号に該当すると認定される可能性があります。 この規定が適用される不正競争行為 法文においては、不競法5条2項が適用される不正競争行為の種類に制限はありません。

不正競争防止法の概要と改正(METI/経済産業省)

第9号を適用した裁判例は数少ないのですが、例えば、以下のような事例で同号が適用される可能性があります。 課徴金減免(リニエンシー)申請• 例えば、A社が発売した独特なデザインの犬のぬいぐるみが人気となり、B社がそれと全く同じデザインでぬいぐるみを発売したとしましょう。 )又は影像の視聴等を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする役務を提供する行為 十八 他人が特定の者以外の者に影像若しくは音の視聴、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音、プログラムその他の情報の記録をさせないために営業上用いている技術的制限手段により制限されている影像若しくは音の視聴、プログラムの実行若しくは情報の処理又は影像、音、プログラムその他の情報の記録 (以下この号において 「影像の視聴等」という。

28

登録しなくてもデザインを保護してくれる「不正競争防止法」|Fashion Law for Beginners 法律編

4号~6号は、営業秘密の取得に不正な手段が介在する類型であり、7号~9号は、営業秘密の第一次取得は正当なものであった類型です。

29

不正競争防止法について-(1)

企業結合・事業再編における対応• 法人については、その業務に関して違反行為を行った場合、その実行行為者の処罰に加えて、業務主体たる法人にも罰金刑が科されるとする、いわゆる両罰規定がおかれています(一部の違反については、3億円以下の罰金刑が法人に科される。 このようなデータを「限定提供データ」とし、今回、不正競争防止法でその不正取得等が禁止されました。 相互補完関係の存在 不正競争防止法5条1項の適用を受けるためには、侵害行為を組成した物と被侵害者の物との間に、「侵害行為がなければ販売することができた」という関係、すなわち市場における補完関係があったことが必要です。

1