今月の人事・労務トレンドVol.4 アフターコロナの働き方はどう変わる?働く環境に必要なことと企業運営のポイント

つまり、 その人の実力が可視化されるということです。 現在発行中• ソーシャルディスタンスを保つ工夫 ウイルスの脅威が完全に終息するまでは、オフィスでソーシャルディスタンスを保つ工夫が求められる。

11

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる

大都市にオフィス 物理的な勤務場所 があること自体がその会社の価値になる。 アフターコロナも良い変化は残せ! コロナ渦中で始まった良い働き方は残していくことが大切です。 なんだかんだ楽しいと思えることが伸びるので、自分が楽しいと思えるところで勝負をする。

9

アフターコロナの働き方を考えよう!アフターコロナとは?考えられる変化とは?

現時点ではそれを言い難い世の中ですが、薄々気づいている人も多いはずです。 減った長く無駄な会議• 私はコロナショック以前からそうしたスタンスであったため、実は働き方に関してはさほど摩擦なく移行できました。

【アフターコロナの世界】コロナ収束後の仕事や会社の仕組み働き方の未来予想図

かといって中国製品に手を出すということはしません。

19

アフターコロナは元の世界には戻らない?収束後の働き方はどう変わるのか

一方で、首都圏をはじめ緩和された現在、一部飲食、好楽関係等を除く多くの企業活動が再開されましたが、以前の仕事状態に戻したまま変化のない企業もまだまだ多く、相変わらずの混雑している通勤電車での出社強要、ソーシャルディスタンスを守らない職場、昔ながらのダラダラした会議の復活など、あちこちで社員達の不満の声も上がっています。 また僕の場合はプログラミングの知識はありませんが、WEBマーケティング全般できるので自分で仕事を生み出す事もできます。

7

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる

筆者もそのような取材を経済・金融絡みでよく受けるようになりました。 建築設計業務の依頼においてもハンコはまだ必須である空気ではありますが、今後のことを考えると、 電子署名があたりまえにしていく環境を設計事務所として整えていく必要があるのだろうなと考えます。 あるクライアントの方の夢として設計した書斎。

23

建築設計事務所の建築士がアフターコロナの働き方を考える!

一方、日々オンラインでコミュニケーションを取っていれば、特段離れていた気はしませんでした。 そして、働く社員達は何を思い、何を考え始めているのか、そこを踏まえながら新たなビジネススタイルへと変換していく。

コロナでどう変化する?アフターコロナの働き方について考える

もちろん日本はこれまで、自己犠牲に基づく利他の精神で発展してきたという点は忘れるべきではありませんし、これからも大切にすべきことです。 その為に自社はどのような価値を提供しなければならないのか。 オフィスが広すぎる会社からスペースを「間借り」する 引用: 遊休スペースの貸し借りのプラットフォーム「スペースマーケット」で始まっているのが、オフィス間借りサービスです。