ホーム: 就業履歴登録アプリケーション 「建レコ」

ただし建設キャリアアップシステムにおいて技能者の能力は4段階にレベル分けされるのですが、 現時点(2019年11月)で、この能力を評価する「認定能力評価基準」が決定しているのは登録基幹技能者制度のある35業種のうち、鉄筋技能者、型枠技能者等9業種にとどまっています。 新型コロナウイルスのように、いつ、何がきっかけで不況がやってくるかもわからない時代ですし、できる事は早めにやっておいた方がいいのかもしれません。 Q10 元請け事業者と上位下請け事業者が閲覧できる範囲は? A. 2020-01-17 建レコアプリ1. なるべく最短で実現できるよう、私も全力で取り組むことをお約束します。

建設キャリアアップシステム~制度概要と運用状況~

見える化によって技能者の確保・育成がすすみ、人手不足や低賃金などの建設業のかかえるさまざまな問題が解消されることを期待しています。 大手事業者からの下請けで要求される可能性がある などで登録しなければならない場合もあります。 トップ画面にうつったら、「新規登録」を選択し、「登録申請」をクリックする• 元請け事業者は現場開設時に現場・契約情報、下請け事業者は現場・契約情報に対応する施工体制や作業員名簿を登録する。

10

【建設キャリアアップシステム】技能者情報登録のインターネット申請のやり方をわかりやすく解説します!

つまり、今後このキャリアアップシステムが浸透してきた時には、 会社・現場は今よりももっと、働き手に選ばれることになります。 技能者は、自身の就業履歴と資格情報を閲覧するだけでなく、経歴を証明する書類としても出力できる。

11

建設キャリアアップシステムをザックリわかりやすく解説します!

技能者にそれぞれ 自分専用のカードが交付されます• このシステムの是非はともかく、登録は避けられないのかなと感じています。 また、どうせやるのであれば早く登録した方が事業者としても、技術者としてもメリットがあります。

5

建設産業・不動産業:建設技能者の能力評価制度について

山梨県では、事業者が建設キャリアアップに事業者登録を済ませ、その事業者が雇用する建設技能者が技能者登録済みである場合には、評価点2点を加点する仕組みを令和元年10月から全国に先駆けて開始しています。 ついでに言うと建設業許可を取得している必要もあります。

建設産業・不動産業:建設技能者の能力評価制度について

専門工事会社の施工能力を見える化して、良い職人を育て雇用する会社に工事の発注が行きやすくする。

使い物になるのか?建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムとは 建設業界はいま、 技術者の高齢化+ 若者の建設業ばなれで、 人手不足が叫ばれています。