幼年期の終わりの通販/クラーク/池田 真紀子 光文社古典新訳文庫

内容は三章に分かれる。

23

負の感情あってこそ大人ではないか?『幼年期の終わり』の意味考察

極地方の開発が進み、夜のない長い夏を追って半年ごとに北極と南極を行ったり来たりしている人々も少なくない。 この「未知の文明との邂逅」について、全くもったいぶることなく、冒頭の一節でいきなりどーんと登場シーンを描き出してしまうのは、クラーク一流の演出だと言ってしまっていいでしょう。 オーヴァーロードの来訪から五十年後、その監視のもとで人類は、平和で、全員が自己実現できる仕事に就き、週の労働は二十時間で、暇すらも教育の力で乗り越えてしまう時代を迎える。

26

『幼年期の終わり』読み終わりました。

ロボットは大多数から傾向を読み取るのは得意ですが、それ以外はあまり得意でないというのを聞いたことがあるので余計にありえる話だなと思います。 さて 「」を読んだので、それについて語るとしよう。 (実際にアポロ11号が月に行ったのは1969年だから小説が書かれた当時も人類は実際月に行っていない) 「人類ははもはや孤独ではないのだ」 この言葉で締めくくられるプロローグ。

「幼年」「少年」「青年」「壮年」「初老」「中年」「熟年」「高年」「老年」の意味と違いとは?年齢は何歳?

概要 [編集 ] 母体となったのはアーサー・C・クラークが7月に執筆した短編小説「守護天使」 Guardian Angel である。 AIが人間の知能を超えるシンギュラリティが起こるのが、2045年。

負の感情あってこそ大人ではないか?『幼年期の終わり』の意味考察

カレルレンはジャンに知る限りの真相を語り、協力を要請する。

8

幼年期の終わり クラーク、池田真紀子/訳

カレルレンはじめオーバーロードたちが人類の前に初めて姿を見せるのだ。 ただ武力的な統治ではなく、豊かで平和な時代に突入していきます。 オーバーロードの総督である「カレルレン」の通告は、例えば戦争の禁止であり、人種差別や動物虐待の禁止であり、地球は徐々に平和な方向へと向かっていきます。

『幼年期の終わり』読み終わりました。

どんだけ革新的やねん。 圧倒的な力を持つ宇宙船の声の主は、 カレルレン。

27