戦国期江戸期のキリシタン : カトリの日記

愛称は宗麟の名前に因む。

18

大友義鎮

(鑑盛の三男、のち統安に改名。

20

戦国期江戸期のキリシタン : カトリの日記

(の一つ。 需要の少ない白砂糖でも仕入値は100斤につき15匁で売値は30匁~40匁で取引され日本各地へ広がった。

27

筑後と長崎のキリシタン

その後、 正保元年 1644 に長崎奉行 馬場三郎左衛門によって一寺を創建することを許され、元、貿易商・唐通事で隠居後に僧になった 頴川 えいがわ 独健(旧・ 潁川官兵衛)から寺地の寄進をうけ、現在地の寺町に禅林寺を創建した。

利光宗魚

(黒田八虎)• アルメイダ書簡によると、 元亀元年(1570)4月には高良山(久留米)に本陣を置き肥前の 龍造寺隆信を攻めていた 大友宗麟を訪ね 、. 島津義弘はいったん兵を引き稲富新助率いる兵5千に監視をまかせるが、この稲富新助が功を急いで急襲し逆に反撃に合い大損害を受ける。 領内での布教活動を保護し、を行う。 (鎮連の弟)• 蒲池久 鎮(宗虎丸、の嫡男)• 30 写真掲載• 秀吉が陣を敷き博多復興の町割を命ずるまで、廃墟の町であったろう。

九州の戦国武将たち: 西田英樹の小説

一萬田 鎮貫(一説に一萬田統賢の父とされる人物。 『火炎城』(昭和53年()、講談社、ISBN 978-4061314443)• 種具 鎮安• (鎮興の子。 翌、 明応元年 1655 8月に 隠元禅師は 、. 出典 [ ]• 戦国時代の感覚は現代の日本人にはなかなか実感できないが 戦国の人々が現代人以上にこの世ははかなさを感じ、心の救済を求めたのは自然な感じがする。