「手助け」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

使い方 「手助け」の敬語表現は基本的には目上の人に助けてもらったときに使われることが多いです。 どちらも「あなたの力を私に貸してください」とお願いする表現です。

20

「助力」の類義語や言い換え

敬語の接頭語「ご」は尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなる 上述しているように、「ご助力」の頭についている「ご」は接頭語です。 力ぞえ• )を実施するための計画(以下「交付金事業計画」という。

1

「賄う」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

荒廃、破壊または損害から救う の意• また、漫画家の助手をアシスタントと呼びますし、手助けすることをアシストするとも言いますので、こちらもカタカナ語として馴染みのある英語だと言えるでしょう。 目下の場合だと「力を貸してほしい」「手伝ってほしい」という表現がおすすめです。 良い成果が得られた時に、「努力の賜物」という言葉が使われます。

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

努力を重ねて試練などを乗り越えた結果、良い成果が得られたという意味です。

8

「賄う」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

手つだう• 手だすけ• 手つだう• 今後も先輩にご助力いただき、勝利を目指したいと思います。 この法律は、入会林野又は旧慣使用林野である土地の農林業上の利用を増進するため、これらの土地に係る権利関係の近代化を助長するための措置を定め、もつて農林業経営の健全な発展に資することを目的とする。

助ける(たすける)の類語・言い換え

使うタイミングとしては、相手が困っているときなどに力を貸すという意味で「ご尽力させてください」や「ご尽力いたします」などのような使い方をします。

手助け(てだすけ)の類語・言い換え

文面で使うのならば問題はありませんが、口頭で使うのならばご支援やお力添えという言葉の方が聞き間違いがなく、発音もしやすいでしょう。 特別な手当が出るようなことはありませんが、「あとでお礼に一杯」とか「昨日のお礼に」といった個人間のやりとりはしばしば見られます。