『こいさん』『いとさん』、四人姉妹の次女と三女は?

又の日、「きのふの御気色のあさましうおぼいたりしこそ、心憂きもののあはれなりしか」とのたまはせたれば、 「葛城の神もさこそは思ふらめ久米路にわたすはしたなきまで わりなくこそ思ひたまうらるれ」と聞えたれば、たちかへり、 行ひのしるしもあらば葛城のはしたなしとてさてややみなむ など言ひて、ありしよりは時々おはしましなどすれば、こよなくつれづれも慰む心地す。 内声部のメロディが八分音符で揺れる程度のシンプルな和声で歌われる。

4

いとはん(地図/写真/淀屋橋/鍋料理)

これでおしまいです。 見れば、 あな恋し今も見てしが山がつの垣ほに咲ける大和撫子 「あなもの狂ほし」と言はれて、 恋しくは来ても見よかしちはやぶる神のいさむる道ならなくに と聞えたれば、うち笑ませ給ひて、御覧ず。 かくて日ごろ経れば、さぶらひつきて、昼なども上にさぶらひて、御櫛なども参り、よろづにつかはせ給ふ。

11

末摘花(大島本)

髪いと長き女を描きたまひて、鼻に紅をつけて見たまふに、画に描きても見ま憂きさましたり。 軍閥が極度にを発揮すると、それにつれて共産党はその反動でますます勢いを増すだろう。 あの女は特に身分が高いわけではありません。

20

和泉式部日記・原文

御送りに上達部数をつくして居給ひて、御遊びあり。

末摘花(大島本)

読み 音読み:「 シ」 常用漢字表外:「 ベキ、ミャク 糸のみ 」 訓読み:「 いと」 名前 音読み・訓読み以外の読み :「 つら」 画数 「 6画」 糸 「 12画」 絲 部首 「 糸 いと、いとへん 糸偏 」 部首解説: 「糸」をもとにして、糸やの、その特徴・状態、それを動作、 また、糸をこと、織物、その模様などに関係する漢字ができている。 ここでもお使いになったらいい」 などとおっしゃるので、北の方は不愉快でならないが、なにもおっしゃらない。 なほ詳しく語れ。

9

伊勢物語『狩りの使ひ』の現代語訳と文法解説 / 古文 by 走るメロス

廿八日、浦戸より漕ぎ出でゝ大湊をおふ。 その後、訪問なく秋が過ぎる---• 左衛門の乳母とて、大弐のさしつぎに思いたるが女、大輔の命婦とて、 内裏に (校訂01)さぶらふ、わかむどほりの兵部大輔なる女なりけり。

更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(3)問題1

〔一七〕 こんなやりとりをしているうちに十月にもなった。 〔二三〕 女は、 〈こんなに親身にもったいないほどのお気持ちを、知らないふりをして強情をはっていていいのだろうか。 幼名は稲之助。

2

虫は・枕草子 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

ひとりひとりの くらしと 身体に合わせて… 着やすい服、 手づくりならではの服を。 日ごろのおぼつかなさなど言ひて、「あやしきことなれど、日ごろもの言ひつる人なむ遠く行くなるを、あはれと言ひつべからむことなむ一つ言はむと思ふに、それよりのたまふことのみなむ、さはおぼゆるを、一つのたまへ」とあり。

17