コロナのデマに「騙される」「騙されない」の差

高知県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された30代の女性看護師を巡り、インターネットなどに事実無根の情報が氾濫している。 たまたま、アウトレットから救急搬送された患者がいたため、 とうとう 御殿場 でも コロナ に感染した人が出たみたいで冷や冷やしてる 静岡県民です 御殿場 アウトレットついに コロナ 患者がでたそうで。

19

新型コロナウイルス『お湯を飲んで予防』のデマ拡散。専門家は「常識的に考えてありえない」

せっかく一斉休校や自宅待機を促進して、新型コロナウイルス自体の拡散の勢いを抑える努力をしていても、自宅でテレビやスマホばかり見てしまい、デマ情報の拡散やパニック発生に貢献してしまっては意味がありません。 こうなると、「中国から原材料を輸入できなくなって」という部分はウソでも、「トイレットペーパーが不足する」という部分は店頭において「事実」となってしまいます。

9

「日赤病院のドクターから送られてきた」はデマ SNSで拡散|静岡新聞アットエス

大手メディアにもデマに近い情報が掲載されてしまうことがあります. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. 大地震や台風、感染症やテロの発生直後のように 「人々が強い不安を感じる状況」においては、デマ・フェイクニュースが広まりやすいのです。

15

コロナウイルスにアロマオイルは効くのはデマ?抗菌・抗ウイルス作用の根拠!

トイレットペーパーが品薄になるという予期をするだけで、結果として現実に起きてしまうのです。 緑茶に多く含まれるポリフェノール成分の一種「カテキン」に抗ウイルス作用があり、緑茶を飲むことでインフルエンザの予防が期待できると発表した。

「社長がコロナ感染」デマで大損害…騙されないための意外な心がけとは

カテキンの一つである「エピガロカテキンガレート」はその代表です。 例えば、以下のようなデマ・フェイクニュースがSNSを中心に拡散しました。 【参考文献】 『紅茶エキスによるインフルエンザウイルス感染性の阻止』国立予防衛生研究所ウィルス部ほか 『MBA 心理戦術101 なぜ「できる人」の言うことを聞いてしまうのか』グロービス 【山本マサヤ】 心理戦略コンサルタント。

7

新型コロナウイルス、善意と送り主の信用でデマ拡散~「地域の顔役」「著名人」「医療関係者」が発信源に

例えば、以下の事例は記憶に新しいのではないでしょうか。

23

新型肺炎のデマに注意 WHO、正しい10の情報を公開 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

精油には消毒作用があり、皮膚をきれいに保つためスキンケア用品に使われることもあります。 メディアやSNSプラットフォーマーだけでなく、わたしたち個人も「デマ・フェイクニュースにだまされない」「デマ・フェイクニュースを広めない」ためのリテラシーを持つことが必要不可欠なのです。

4

BCGワクチンがコロナウイルスに効くというデマ

会社が抱える問題の仮説をひとつしか立てずに検証をしてしまうと、それを肯定する情報を重要と判断して、否定する情報をイレギュラーな情報や軽微な情報だと判断してしまう。 Microsoft twitterより 例えば、Facebookではコロナウイルスに関わるニュースをチェックできる機能を実装し、リアルタイムでWHOや国家機関の近況を確認することが可能に。 引用: 結論 今回の調査で、「緑茶」の新型コロナウィルスに対する有効性について調べました。

20