【クロサカタツヤ×高須正和】世界を駆け巡るメイカーの伝道師が語る日本人が目指すべき道|サイゾーpremium

電子工作と人と関わるのが好きな人、国籍関わらずぜひコンタクトください。

腕に針を刺して血糖値を24時間測定。 #NT血糖値観察会 に見る、ホビーイノベーションの可能性【連載】高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」(8)|FINDERS

著書に『メイカーズのエコシステム』『世界ハッカースペースガイド』、訳書に『ハードウェアハッカー』ほか、Web連載も数多い。

25

高須 正和:経歴・執筆記事:日経クロストレンド

MakerFaire 深圳 中国 、MakerFaire シンガポールなどの運営に携わる。

22

saudereprodutiva.dgs.pt: プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション (角川書店単行本) eBook: 高須 正和, 高口 康太, 澤田 翔, 藤岡 淳一, 伊藤 亜聖, 山形 浩生: Kindle Store

プロトタイプシティ ・プロトタイプ駆動という本書のテーマに対する解説は他のレビューにも書かれてるので、別の観点でピックアップした名言を少し紹介すると… 「日本は、マンガやアートでは優れた成果をもっているのに、その手法をビジネスに導入することには関心がないようだ」(高須正和氏) 「ビジネスの弾を100発撃つとして、その全てに拡張性を配慮するよりも、アドホックモデル(その場限りの対応モデル)で作って、成功した一発だけをゼロから作り直す」(澤田翔氏) 「ファーウェイに限らず、中国のスマートフォンメーカーは、ローエンドの機種は方案公司(ソリューションハウス)に設計を外注することが多い…他者とほとんど変わらなくなってもかまわないから方案公司に外注してしまおう。 それは、もちろん永遠になくなるわけではないかもしれないけれど、 よりアジャイルっぽい形があったとしたらそっち側にどんどん移行していくと思われるので、そういう新しい形での製造というのが進んでいくんでしょうね。 これをきっかけに現在の仕事の原点である中国の深センとつながります。

4

深圳のイノヴェイションは、草の根のカオスから生まれた:アンドリュー・“バニー”・ファン×高須正和×山形浩生(前編)

私は毎日中国・深センの情報収集を行っていますが、その中でも特に影響力のある評論家やインフルエンサーがそれぞれの立ち位置で偏った主張をしているのを目にすることがあります。

1

グローバルギーク・高須正和さんからギブ&ギブな働き方を学んだ

さて、今回は「プロトタイプシティ」というタイトルが実によくて、「〇〇シティ」のようなネーミングで最初に浮かぶのは「スマートシティ」だけど、かつてスーザン・クロフォードが「スマートシティ」という言葉にポスト的な、過度に単され非人間的なイメージがあるため批判的で、のを思い出す。 高須 — 僕もいると思うんですけど。

15

高須正和のオープンオフィス:受付中|TAKASU Masakazu|note

そして、プロトタイプ駆動によるイノベーションを次々と生み出す場「プロトタイプシティ」が誕生し、力を持った。 まずは手を動かす人や企業が勝利する時代となった。