建築基準法

付近見取図• しかし、包括同意基準の適用が不可能な場合は、建築審査会に付議される個別案件となります。 二 その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員四メートル以上のものに限る。 申請手数料 27,000円• コピーでかまいません。

11

敷地等と道路との関係の許可・認定(建築基準法第43条第2項) 横浜市

ただし、この規定には以下のとおり、法43条第2項第1号の規定に基づく認定制度、第2号の規定に基づく許可制度があります。 法第43条第2項第2号の規定に基づく許可について(許可制度) 事前に確認していただきたい事項 本件については接道義務に関する特例的な許可となるため、法の趣旨に基づく適切な判断が求められます。 内容確認後、修正等があればその内容を踏まえて審査会開催日の1週間前までに11部を提出してください。

21

建築基準法第43条第2項規定による建築とは?|不動産の仲介で気をつけるポイント

)第43条第1項の規定により、建築物の敷地は原則として道路に2メートル以上接しなければなりません。 事前審査として 毎月 20 日までに必要書類を整え、1部(正本)提出してください。

建築基準法第43条第2項に基づく認定・許可の取り扱いについて

その後、現場実査及び検討を行い方針を決定します。 土地の登記簿・要約書• 大阪府の所管する市町村以外の市(=他の特定行政庁です。 (法第43条第1項) (建築基準法で定める道路の概要については、を参照してください。

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

最終更新日:平成30 2018 年9月25日 基準1 敷地と道路の間に、次の各号の一に該当するものが存在する場合で、避難及び通行上支障がない道路に、有効に接続する幅員2m以上の通路が確保されている敷地 一 管理者の占用許可、承諾又は同意が得られた水路 二 地方公共団体が管理する認定外道路等 三 都市計画事業等により、道路に供するため事業者が取得した土地 基準2 道路に有効に接続する、次の各号の一に該当する幅員4m以上の公有地等に、2m以上接する敷地 一 地方公共団体から管理証明が得られた道 二 土地改良法第2条第2項第一号に規定する農業用道路 三 地方公共団体へ移管する予定であることを証明する書面が得られた道 基準3-1(両側後退) 道路に有効に接続する幅員2. 掲載日:2020年4月1日 建築基準法第43条第2項第1号認定及び第2号許可の取扱いについて 注意事項(はじめにお読みください。

25

建築基準法第43条第2項第1号認定及び第2号許可の取扱いについて

一 農道その他これに類する公共の用に供する道であること。

13