須田慎一郎が解説~東京高検の検事長定年延長決定の裏側

決してきれいごとではない。

18

菅氏と闘った元官僚の激白「抵抗したら干される恐怖」 [安倍首相辞任へ]:朝日新聞デジタル

Q:検察官の定年延長を政府が閣議決定したことは、立法権(国会)、行政権(内閣)、司法権(裁判所)の三権分立の理念に反すると言えるでしょうか? -------- 国家権力は、立法権(国会)、法律を執行する行政権(内閣)、法律を解釈・適用して紛争を解決する司法権(裁判所)に分類されます。

11

WEB特集 揺らぐ“検察への信頼”~検事長定年延長が問うもの~

緊急時に口頭決裁が認められる余地を否定するものではありませんが、今回の件は、緊急性そのものが認められません。 野党側が前記閣議決定の撤回を求めたのに対し菅義偉官房長官は必要なしと突っぱねて既に閣議決定した黒川氏の定年延長を維持する方針を示した。 諄子被告が大阪府と同市の補助金約1億2000万円をしたとされる内容はとした。

1

須田慎一郎が解説~東京高検の検事長定年延長決定の裏側

「検察官同一体の原則」を鑑みれば、黒川氏にこだわる必要はない。 」と定めています。 (中祖寅一). 法解釈の変更は、国会の立法権のみならず検察の独立性も脅かす Q:東京高検検事長の定年延長が閣議決定されました。

28

黒川氏定年延長、不透明な経緯 検察庁法改正案の問題点 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

仕事と重ねてしまうのだろう。

13

検事長人事問題が再燃 定年延長、野党に賛成論も:時事ドットコム

ということになりますと、適正な新陳代謝を図りますとともに、長期的な人事管理の体制を打ち出せなくなる、それが十分でないということから、いろいろな問題がそこに起きてまいるということがございますので、そういう点をさらに将来を見越して考えまする場合、民間においても大部分が定年制を実施しておるということがございますので、一種の勤務条件についての情勢適応の原則あるいは官民との均衡というような点から申しまして、この際定年制を公務員にも導入するということが大変意義のあることではないかということで、人事院といたしましてはお答えを申し上げたということでございます。

5

黒川元検事長の定年延長巡る文書開示訴訟、国側争う姿勢 大阪地裁初弁論(毎日新聞)

この3権は分立してこそ意味を成します。 さらに、解釈変更に関する人事院との協議文書が、「口頭決裁」だったことも明らかになりました。

29