穴やブツブツの集合体恐怖症「トライポフォビア」とは何か?

もしそれが本能的嫌悪感によるものだとしたら、更に多くの人にこの症状があるということになる。 , Ph. 略して「恐怖症」と呼ばれるのが一般的です。 -トライポフォビアに該当する集合体となんらかの対象をコラージュしたもの。

25

穴やブツブツの集合体恐怖症「トライポフォビア」とは何か?

マカロニ画像 集合恐怖症の人がみれないとされるマカロニ画像を下記にリンクした。 「嫌悪感は感染症や病原体の回避に役立つことがよく知られています」と論文を執筆したトム・カプファー氏は話す。 そのため、閉所や高所がダメな人が、同時に飛行機もダメというケースがありました。

ブツブツ恐怖症の原因に新説、トライポフォビア

(参考記事: ). 研究チームはこの結果を受け、クモやヘビ、サソリなど、人の命を奪う可能性がある動物の一部は同じような模様を持つため、こうした嫌悪感は進化の過程で起きた適応ではないかという説を提唱した。 トライポフォビアにしても高所恐怖症にしても、恐怖を抱くことは、もともとは人間を危険から守るためだったという説が一般的です。

8

恐怖症の人ってどれくらいいるの?種類別に割合を紹介します!トライポフォビアという恐怖症も・・

彼のリストには現在、何百ものおかしな恐怖症がリストになっており、そのなかには月に対する恐怖症、髭に対する恐怖症、うんちをすることに対する恐怖症、操り人形に対する恐怖症、数に対する恐怖症、野菜に対する恐怖症、自転車に対する恐怖症、美女に対する恐怖症、紫色に対する恐怖症など、なんでもありそうです。 最終的に判断するのは自分自身ですが 無理しすぎても良いことではありません。 もしウィルキンズとコールが正しければ、集合体恐怖症は、初期の進化上役に立つ、「有毒動物を避ける」という適応の名残りであると言えるでしょう。

ブツブツ恐怖症の原因に新説、トライポフォビア

「こうした画像に対する人々の反応も、病気を回避する反応と考えることができます」 つまり、小さな穴やブツブツの集合体に恐怖を抱く人々は、寄生虫や人から人へと簡単に伝わる病気に不安を感じている可能性があるということだ。 例えば、電車に乗って嫌な目にあったら、その後はもう電車に乗りたくないって思いますから。 免許のために作ったメガネでは外歩けないわ。

トライポフォビア

恐怖症状に始まり、蕁麻疹や発作、吐き気、眩暈など。

11