福島県「被災地応援ツアー」旅行事業者向け説明会を開催|東京都

大抵の病院は自家発電装置を備えているが、この装置が稼働していられる時間は最大でも1週間程度。 故郷に帰れなかったり、外で自由に遊べなかったりする子どもたちも、 大自然の中でさまざまなアクティビティを経験し、達成感と大きな自信を持ち 帰ってもらえました。 。

“地獄絵図”「被災ツリー」

そのような中、私たちが取り組む被災地での緑の再生事業も、行政による事業委託や助成金の交付を受けることがきわめて難しい状況なので、自分たちの努力で資金を集め、活動を進めていくしか方法はないのです。 そして今回いただいたご支援は、以下の作業のための費用に充てさせていただきます。

11

東日本大震災被災者支援チャリティつくしツリー

2020年1月29日 カテゴリー• いままで災害に無関心だった視聴者の方々が、首都直下地震の恐ろしさを身近なものとして考え始めたとか、飲料などの防災備蓄品を揃え始めたという声を伺い、テレビの影響力を痛感しました。 それから、震災に対する関心を薄れさせないという点でも、一定の効果があったのではと思っています。

1

パラレル東京 検証被災の連鎖

被災地に緑を少しずつ取り戻していくためにも、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

WEB特集 “地獄絵図”「被災ツリー」で見えた首都直下地震3つの危機

福島治氏(福島デザイン)、永井一史氏(HAKUHODO DESIGN)、並河進氏(電通ソーシャル・デザイン・エンジン)という3人のクリエイターが企画し、日本ユニセフ協会が賛同する形で始まったユニセフ「祈りのツリー」プロジェクトは、デザインの力で東日本大震災被災地の子どもたちに笑顔になってもらおうとの趣旨で展開。 当初は、オーナメントを事務局で販売する案もあったのですが、企画を進める中で、金額は個々の気持ちに委ねようということになり、募金してくださった皆さんへのお礼にしました。

17

「星条旗」を見上げる国/大空襲被災地 スカイツリー/東京・墨田

風船のリリース前後には、地元団体によるステージや抽選会もあり、大いに盛り上がりました。

30

「星条旗」を見上げる国/大空襲被災地 スカイツリー/東京・墨田

東急不動産グループのボランティアも 各社30名が参加し、素晴らしい連携プレーで子供たちの笑顔を広げました。

3

“地獄絵図”「被災ツリー」で見えた首都直下地震3つの危機

そして今回の番組の中でこの検証ツリーからいくつか見えてくることが。 この四日間が経った後の物語が検証として番組で紹介されることに。

5