太宰治は芥川賞が欲しすぎて超長文の手紙を書いた。その長さ4m。

政子のことはのちにも、『天授の子』『水晶の玉』の題材となる。 名誉教授。

15

太宰治・川端康成と船橋 ~文豪ゆかりの地を紹介しています~|船橋市公式ホームページ

菊池寛氏が、「まあ、それでもよかった。

23

太宰治 川端康成へ

6月には初めての越後湯沢(南魚沼郡)に旅した。 しかし川端は、一般的に成功作とされている『千羽鶴』『山の音』、また『雪国』について、〈一回ので終るはず〉のものを〈余情が残つたのを汲み続けたといふだけ〉とし、〈このやうなひきのばしではなく、初めからの骨格ととを備へた小説を、私はやがて書けるとなぐさめてゐる〉と語り 、〈ほんたうに書きたい作品が一つも出来ないで、間に合はせの作品ばかり書き散らして、世を去つてゆくこと〉になりはしないかという危惧を痛感しながら 、〈敗戦から七年を経、全集十六巻を出し終つて、今は変りたいと切に願つてゐる〉と語った。 351. 私はさっそく貸家を捜しまわっているうちに、盲腸炎を起し阿佐ヶ谷の篠原病院に収容された。

太宰治 川端康成へ

太宰は『川端康成へ』で、「この小説は何度も修正を繰り返して、その間に病気もしたけど頑張って耐えて完成させた作品だ。 12月25日にが旅先で死去した(50歳没)。

太宰治

「作者目下の生活に厭な雲ありて、云々。

13

太宰治は船橋の玉川旅館で遊んでいたか?

(3年)に二代目惣助が他界し、を相続して三代目「惣助」を襲名した。 山口瞳の息子・は、父親は川端家の養子になりたかったようだと語っている。

川端康成・太宰治・夏目漱石

うち1通は、長さ約4メートルの巻紙に毛筆でしたためられ、芥川賞受賞を懇願する内容。 そしてのろひうらやみ抱擁せんと常に思ふのである〉とし 、自伝小説では、〈人の顔をじろじろと見る私の癖は、と二人きりで何年も暮してゐたところから生れたのかもしれません〉とも語っているが 、この癖については、川端が幼い時の眼底の病痕で、右の眼がよく見えないことからくるのではないと推測している。 それに飲みゃケンカするからナ、井上(靖)なんかと。

18