殺処分は本当に0なのか。ドイツの動物保護施設「ティアハイム」の現状について。

」 ー当日に譲渡することもありましたか? 「猫に関しては問題がなければ当日譲渡するので、キャリーバックを持参してくる人が多かったです。

ティアハイムどうぶつ病院 (新板橋) の病院詳細

アニマル・パブリック Animal Public e. 9割を超える譲渡率 年間で1万頭以上の動物を引取っているということだが、譲渡率はなんと9割を超えるそうだ(中日新聞記事より)。 Photo:広い室内で悠々と過ごす猫。

28

ティアハイムどうぶつ病院の評判・口コミ

でも、いつまでも保管出来るわけではありませんよね。 年中無休、24時間体制で動物たちの治療にあたるなど、頼りになる存在です。

ペット先進国ドイツの犬猫保護事情から学ぶこと

引取りのみならず、ただ動物を見に来る人たちが増えれば施設に訪れる人数が増え、少なからず譲渡数にも良い影響がありそうだ。 市民や企業などからの寄付で、一部獣医局と呼ばれる行政組織があるのですが、その獣医局が押収した動物に関して、保管を委託するための料金としてティアハイムに支払われているお金があります。 (「一般社団法人日本トラウムハイム協会の目標とする事業」公式サイトより) この目標がスライドで紹介されると、会場からは「おおー」というようなざわめきが起きました。

1

「一般社団法人日本トラウムハイム協会」設立記念シンポジウム

ほとんどの方は当てはまりませんが、飼い始めた時はあんなに可愛がっていたのに、しばらくすると世話がおざなりになっているケースも多少目にします。 何度も通って相性をみることはもちろん、飼い主としての条件をクリアする必要があります。

6

東京都 北区 の ティアハイムどうぶつ病院 の情報 評判 口コミ が見つかる

殺処分をしないこと、そして人々の寄付で運営されていることで、ティアハイムの動物たちの命がつながれています。

10