サッカー対戦相手の新型コロナ感染を「朗報」と喜ぶ、スポーツメディアが謝罪―中国(レコードチャイナ)

WHOへの政治的浸透、メディアへの圧力によって中国が悪役と報道されるのを妨害する工作を行った。 また、「無症状の患者のほうが免疫の反応が弱い」としている。 これまで中国に対してそれほど興味を持っていなかったノンポリの西洋人も、さすがに今回の騒動でキレたのではないだろうか? コロナウイルス騒動が終わった後に、中国がどのような落とし前をつけさせられるのか、心配である。

21

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

18年• アメリカやヨーロッパは感染者が増え続けています。 ワシントンポスト紙は、ウイルスが人工的に開発されたのではなく、動物に由来すると多くの科学者が考えているとしながらも、武漢の研究所から漏れ出した可能性は否定できないと指摘した。

1

コロナ「再拡大」中国研究グループ「患者から抗体減少」と発表…懸念される新常態のコロナ予防法|日刊サイゾー

中国本土で22日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が「1人もいない」つまり「新規感染者ゼロ」というものである。 このほか、「ロンバルディアの指導者層はこの間違った議案のために必ず中国に謝罪することになる」と断言する議員もいたという。 実は、トランプ大統領が新型コロナの発祥地を武漢のウイルス研究所であると言い放った日をさかのぼること半月、ワシントンポスト紙に以下のような記事(概略)が掲載された。

「取材内容と異なった報道」 医師の抗議でテレ朝が謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

…SARSのウイルスに手を加えたのではないか、という論文も出た。 インタビューで、「新型コロナウイルスの発生源が中国であるということに同意しますか?」と問われた劉大使は、「武漢で最初にウイルスが発見されたということとウイルスの起源が武漢であるということは決してイコールではありません。 国営メディアや政府関係者がや検閲、疑念を煽り、今度はその煽られた、検閲、疑念が再び事実無根の政府関係者の発言を煽ることで、勢いを強めている」 これらはの記事の冒頭パラグラフの一部分だ。

サッカー対戦相手の新型コロナ感染を「朗報」と喜ぶ、スポーツメディアが謝罪―中国(レコードチャイナ)

中国が内戦状態になり、多くの難民が日本に流れてくるかもしれない。 習近平氏ら中国共産党の上層部には感染しないという自信があるのだろうか。

18

米TV「中国はコロナの責任とって謝れ」

コロナウイルスが世界に拡散し、人的・経済的被害を生じさせたことへの謝罪をしない。

4

【悲報】松本人志「コロナウィルスで中国に謝罪と賠償求めたい」

対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた。 今回の重慶医科大学などの研究グループの報告でも、「感染を経験した人は再び感染しにくいという考えに基づいた対応を取ることには、リスクがある可能性がある」と指摘しており、「抗体証明書などで活動範囲を広げることは、リスクがある可能性がある」と警鐘を鳴らしている。