パプリカの育て方・栽培方法【春植え・秋植え】

パプリカは植え付け後からわき芽が勢いよく伸びますので最初に枝分かれするところより下の葉は全てかき取り、上部は放任で育てます。 病害虫の発生を予防するためには、ナス科の連作を避けて、乾燥や窒素肥料の過多に注意し、日当たりや風通しを良くします。

27

ピーマン・パプリカの栽培方法・育て方のコツ

病気対策 害虫対策と同じく、風通しの良い環境に置いて育ててほしいのですが、こちらも事前に天然由来成分の殺菌剤を散布しておくと良いです。

胡蝶蘭の育て方|植え替えは必要?水やりや肥料、手入れの方法は?

残した上部の枝は放任で構いません。 種は育苗箱に撒いて、発芽後しばらくしたらポットに移し替えて定植出来る大きさまでポットで育てましょう。

5

パプリカの育て方・栽培方法【春植え・秋植え】

過去 3~5 年にナス科の植物を植えた土には植えないようにしてください。 最初の花が咲いた場所から二手に分かれますので、その2本をぐんぐん伸ばしていきましょう。

パプリカの栽培方法!色がつかない?栽培の注意点とコツは?

ハダニ ハダニは外か飛んできて胡蝶蘭に寄生する害虫です。 パプリカの花は雨に当たると落花しやすいので、軒下など雨に当たりにく場所で育てるのがコツです。

15

パプリカの育て方

植え付けてから長期に渡って栽培できるお得な野菜。 Category List• 1番花より下のわき芽や葉は既に取ってあります。 脇芽かき 最初の実がついたら、その下の脇芽はすぐに摘み取ってください。

16