辻井伸行「ドイツ公演」出来映え ピアノ音色に観客が顔色変えた: J

ナガノの想いを日本の聴衆に余すことなく伝える準備は整ったようである。 辻井が演奏したのは、いずれも難曲として知られるのピアノ協奏曲第3番(20日)とのピアノ協奏曲第3番(23日)。 と言うのも、辻井伸行さんの両親は2歳の頃からピアノに触れて、4歳の頃には旅先のサイパンで大勢の人前で楽しく演奏する息子を見て、小学校入学を機にその才能を見極めてほしいと、プロに依頼する事にしました。

21

CONCERT

2002年には今でも親交の深い佐渡裕指揮者との共演。

10

ピアニスト・辻井伸行が公式YouTubeチャンネルをスタート 美しいピアノ演奏に感動の声

序曲を終え、舞台上にピアノが運ばれ辻井の出番となる。 これからの活躍も楽しみで仕方がありません。 海外でのコンクールも多く主演しており、 20歳ではヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝をしています。

1

ピアニスト辻井伸行公式youtubeチャンネルがスタート!美しいピアノ演奏に感動の声が続々! (2020年5月19日)

最初、重苦しい空気に包まれていた会場は大きな拍手に包まれる。 そこで個性を出すのは演奏者の技術はもちろんですが「人柄」ではないでしょうか?演奏後、会場を後にしてもなお鳴り止まないアンコールに何度も何度も姿を現し、答えてくれる辻井さん。

7

盲目のピアニスト!辻井伸行の父親や母親とピアノの凄さや実際の実力とは?

ともに演奏できることを大変光栄に思う」と称賛した。

11

ピアニスト・辻井伸行が公式YouTubeチャンネルをスタート 美しいピアノ演奏に感動の声

ぜひ、僕も大好きなユーミンさんの「春よ、来い」一緒に口ずさんでもえると嬉しいです。 そういう意味では、辻井伸行さんは独特の演奏表現があり、それが観客の心に響くかどうかの問題なんだと思います。

28