ルック・フォー・ザ・ライト〜音楽生活70周年記念コレクション

Tristeza 08. 『ぼく自身のためのジャズ』編、、1969年。 美しいメロディ。

10

ジャズの神様 渡辺貞夫さんのおすすめアルバム3枚。さすが、ナベサダ。新しいアルバムも素晴らしい!

バックのバンドも超一流が揃っている。 <予定曲> ・「ラウンド・トリップ」/渡辺貞夫 ・「パストラル」/渡辺貞夫、チック・コリア ほか 2001. これは貞夫さんの音楽だ。 誠に申し訳ございませんが、お客さまがご利用の環境、または端末から本サービスをご利用いただくことはできません。

9

ルック・フォー・ザ・ライト〜音楽生活70周年記念コレクション

Remembrance 06. 栃木県名誉県民の称号を受ける。

渡辺貞夫さんの情報箱

Bossa Na Praia 10. ビリージョエルはこの曲で1979年のグラミー賞を受賞しています。 その功績を認められて11月にを受章した。 渡辺貞夫 as,fl,sn,per , () tb , 板橋文夫 p,el-p , g , 古野光昭 b , 倉田在秀 ds• アルバムは渡辺貞夫、1967年4月25日・5月9日の録音。

6

カリフォルニア・シャワー

11月、受章。 California Shower live Version [Unreleased Version] Sadao Watanabe as Soichi Noriki key Andy Narell steel-ds Steve Erquiaga g Keith Jones b William Kennedy ds Kenneth Nash per 14. 2016年 オバマ米大統領夫妻がホストとなり、ホワイトハウスで開催された「International Jazz Day 2016」で演奏。 何回聴いても、このアルバムのMy Dear Life良いですね。

渡辺貞夫のジャズのアルバムでおすすめはありますか。電子楽器を使ってな...

渡辺貞夫 as,fl, , : p , b , ds• DUO-CREATICS 3. Rendezvous [from ''Rendezvous''] Sadao Watanabe as Richard Tee key Eric Gale g Marcus Miller b, syn Steve Gadd ds Ralph MacDonald per 04. All About Love 良いバラードです。 エンジニアはダイレクトカッティング・レコード録音などで大活躍されたフィル・シェアーが担当。

18

カリフォルニア・シャワー

1966年 - 『家路/渡辺貞夫モダン・ジャズ・アルバム』 - Goin' Home(1966年3月録音)• 03 アンコール・ライブ 1 "Sadao 2000 Tour Live in NAGOYA" <曲目> ・Sa So Ngando ・Te Misseya ほか <演奏メンバー> アルト・サックス、ソプラニーノ〜渡辺貞夫 ベース、ボーカル〜リチャード・ボナ ピアノ、キーボード〜ジョージ・ウィッティ ドラムス〜ジョナサン・ジョセフ パーカッション〜スティーブ・ソントン "Spring Is Here Session" <曲目> ・It Might As Well Be Spring ・Goin' Home ほか <演奏メンバー> アルト・サックス〜渡辺貞夫 ピアノ〜小野塚晃 ベース〜納浩一 ドラムス〜トミー・キャンベル 2001. 02 「マンスリー・セッション〜新宿ピットイン・ライブ、その2」 〜渡辺貞夫カルテット春のツアーから、 その最終日の4月8日新宿ピットインでのライブ後半をお届けします。 渡辺貞夫さんもアルトサックス、ソプラノサックス、フルートなどを演奏。 渡辺貞夫 as , piano , b , ds , tp , tb , g 2000年~2019年 [ ]• 新カルテットのピットイン初見参、最高の盛り上がりでした。

27

青木高見(あんちゃん)のジャズ・コレクション・ウェブサイト / 【 Sadao Watanabe / 渡辺貞夫 】

合計時間: 22:31 参加ミュージシャン [ ]• 1968年 - 『サダオ・プレイズ・バカラック・ビートルズ』 - Sadao Plays Beatles And Bacharach(1968年11月8日、12月16日録音) Takt (「」およびスタジオにて)• どれもすばらしい作品です。

7