【2020年最新版】離婚後の養育費の相場と年収ごとの金額|法律事務所オーセンス

慰謝料とは 慰謝料とは、相手方の不貞行為が離婚の原因になった場合やDV被害を日常的に受けていた場合など、精神的苦痛を受けた側が相手に請求できる賠償金のことです。 このページでは養育費の疑問や悩みを解決するために、 離婚公正証書の原案作成等に力を入れている行政書士 辻 雅清が 養育費の基礎知識や相場、養育費の支払率を上げる方法を徹底解説します。

28

養育費はいくらが妥当?算定表による具体的な相場とは?

不倫慰謝料請求に強い弁護士• 養育費の金額はどうやって決める? 養育費の金額は、• 母の年収0円 18~20万円 母の年収約50万円~175万円 16~18万円 母の年収約175万円~350万円 14~16万円 母の年収約350万円~550万円 12~14万円 母の年収約550万円~900万円 10~12万円 母の年収約900万円以上 8~10万円 父の年収が高いと母の年収も高いケースが多いためか、区分がより細かくなっています。

年収1000万の養育費の相場は? 金額と有利な対処法を弁護士が解説

相手方が不動産や自動車などの高価な財産を所有している場合は、それらのものを差し押さえることもできます。 養育費は、審判や訴訟になると、裁判所が養育費算定基準にもとづいて機械的に決めてしまいますが、当事者同士で話し合って決める場合、その基準に縛られることがありません。

20

【養育費算定表】2020年新基準対応!養育費の相場について

横軸には、権利者(養育費をもらう側)の年収が記載されています。 離婚に関する協議を早く終わらせたい、楽になりたい、という気持ちになることもありますが、納得のいく額で合意できない場合には、調停・審判を視野に入れて弁護士にご相談されることをお勧めします。 養育費の一括払いを請求した場合のメリットとデメリット 上記のように、養育費の分割払いが原則ですが、子供の両親つまり養育費を請求する側と支払う側が合意すれば一括払いも可能です。

23

子どもが3人いる場合の養育費はひとりあたりの養育費額は減るの?

離婚協議書、又は離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合は、 +aの条件などを記載した離婚チェックシートの送付から始めています。

養育費はいつまでもらえる?養育費の相場や期限について|ベリーベスト法律事務所

ですが、一定の条件を満たせば養育費を拒否できたり、減額を求めることができます。 そして、上記の事実上の固定費用の支出に加えて、子供の養育費用なども計算にいれる必要が出てきます。

25