領収書の収入印紙はいくらから?収入印紙の金額一覧もご紹介!

印紙税法別表第2に掲げるものが作成する文書• 順をおって説明します。 領収書の電子化を検討している場合には、こうしたメリットがあることも覚えておくとよいでしょう。

29

収入印紙の金額はいくらから必要?領収書の印紙税額の疑問を徹底解説【2021年最新版】

【売上代金の受取書の場合】 領収書の記載金額 収入印紙の税額 5万円未満の場合 非課税 5万円以上~100万円以下 200円分 100万円超~200万円以下 400円分 200万円超~300万円以下 600円分 300万円超~500万円以下 1,000円分 500万円超~1,000万円以下 2,000円分 以下略:1,000万超の売上代金の受取書については第5号文書から第20号文書までを参照 【売上代金以外の受取書の場合】 領収書の記載金額 収入印紙の税額 5万円未満 非課税 5万円以上 200円分 なお、どちらも税金がかかるのは 営業活動を行ったものに限ります。

領収書に貼る収入印紙について知っておくべき基礎知識

200円 10号文書 [保険証券] 200円 11号文書 [信用状] 200円 12号文書 [信託行為に関する契約書] 注 信託証書を含みます。 200円 (非課税文書:身元保証ニ関スル法律に定める身元保証に関する契約書 14号文書 [金銭又は有価証券の寄託に関する契約書] 200円 15号文書 [債権譲渡又は債務引受けに関する契約書] 記載された契約金額が 1万円未満 非課税 1万円以上 200円 契約金額の記載のないもの 200円 16号文書 [配当金領収証、配当金振込通知書] 記載された配当金額が 3千円未満 非課税 3千円以上 200円 配当金額の記載のないもの 200円 17号文書 [売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書] 注 1 売上代金とは、資産を譲渡することによる対価、資産を使用させること(当該資産に係る権利を設定することを含む。

4

【経理 豆知識】領収書に印紙が必要なのはいくらから? saudereprodutiva.dgs.pt

なぜなら、印紙税額第17番文書において税込価格、税抜価格が記載されているなど消費税金額が明らかになっている場合は、その消費税金額は印紙税の記載金額に含めないとされているからです。

7

銀行振込の際の領収書と印紙の関係

なお、税法上、収入印紙を貼ることが定められている理由については、のちほど説明いたします。

18

収入印紙はいくらから領収書に貼る?種類や金額一覧も要チェック

もし、領収書を受領した方の会社などに税務調査が入った場合に、領収書の発行者が控えられます。 印紙税の非課税範囲 印紙税額第17番文書によって課税対象となる領収書も、5万円未満の領収金額である場合は非課税とされます。 さらに収入印紙は法的な書類に貼ることが多いため、法務局や役所に隣接している売店などでも手に入ります。