ステロイド骨粗鬆(そしょう)症

Reid, Steven Boonen, Jane A. 2012年1月19日閲覧。

19

タクロリムス副作用 :薬によるもの

サリドマイド 中毒性表皮壊死症が出現します 以上のお薬をよく使う場合は、デカドロンの効果が増強・減弱するため、それを予測して投与量を調整します。

27

ゾメタ(ゾレドロン酸)の作用機序と副作用【がんの骨転移】

例えば使い心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。

28

(2)ステロイド性骨粗鬆症を防ぐには[特集:ステロイドの副作用を正しく知って正しく使う]|Web医事新報

・口腔内の不衛生:原則的に顎骨に至る炎症により顎骨壊死を起こすと考えられている。 胃痛 などで多くは胃腸系の副作用になります。 2017年8月現在、フォリアミンのジェネリック医薬品は販売されていません。

11

ボナロン・フォサマック(アレンドロン酸)の作用機序と副作用

リウマチの治療では、よくフォリアミンが処方されます。 用量依存性に発症のリスクが高くなる。

2

ビスホスホネート製剤とは 顎骨壊死という副作用についてと対応策

アレンドロン酸の副作用発生率もこれと同程度でしょう。

14