建築確認申請の手続きについて

工事が終わって家が完成すると、申請通りに建てられているか担当者が実際に現地に来て、2回目の確認(「完了審査」と呼びます)を行います。 まとめ 最後に、確認申請を提出する際に必要な図面・資料を、 ステップを踏みながらおさらいしておきましょう。 能代市• 着工 確認済証の交付後に、建築工事が始まります。

後出し確認申請

建築確認の特例 建築確認には特例があり、建築基準法6条1項の規定により、• 建築基準法の敷地の単位とは必ずしも直接関係は無いですので(ある場合も多くあるが)ご注意。 なお、建築確認を受けた後に、計画を変更して、以下に紹介するケースに該当する場合には、もう一度、建築確認を受ける必要があります。

2

建築確認申請の手続きについてお知らせします

ただ、 一戸建て住宅であればなんでもOKかといえば、そうではありません。 ですので、用途が変更される場合には、変更後に予定している用途に建築物が適合しているかどうかを、もう一度判断する必要があります。

5

確認申請に必要な図面の全て

3 建築主事は、第一項の申請書が提出された場合において、その計画が次の各号のいずれかに該当するときは、当該申請書を受理することができない。

10

確認申請を必要とする建築物・工作物・建築設備/裾野市

初めて確認申請書類を作成する際、この消防用の図面を忘れがちです。

12

建築確認・中間検査・完了検査を行わなかった(忘れた)場合の対処法

建築確認の申請 建築主は、工事に着手する前に、建築主事に対して確認の申請書を提出します。

1

建築確認申請とは?確認申請の流れや期間、必要書類、費用は?

当該確認を受けた建築物の計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。

11

栃木県/建築確認申請について

この確認は、着工前に済ませておかなければなりません。

15