初めてのオンライン講演~Zoomビデオウェビナー「ホスト」ができることと管理機能の使い方

自社の世界観を広めるための質の高い配信が必要とされる大規模イベントなどには、通信が安定し、セキュリティ性も高く、配信の幅が広いYouTube Liveがオススメです。 フォローアップに役立ちます。 また、OutlookやGoogleカレンダーなど外部のカレンダーとも連携できます。

14

ウェビナーとは?メリットや料金は?おすすめツールをご紹介!

実際のところ、内蔵マイクとインカメラがあるPCなら追加機材は不要不急ですが、• 交通費がかからないのは、参加者側にとってもメリットとなります。

17

最近話題のウェビナーツールzoomとは?特徴や機能、安全性は?

なので、双方にとってどのウェビナーツールがベストなのか。 また、質問内容は全体に公開されない(公開することもできます)ところもポイントです。 ウェビナーは一方的に情報を伝えるだけではなく、音声通話やチャットを活用して質問ができるようになっています。

12

Zoomウェビナーの料金とウェビナー開催の基本

同時に10,000人以上が接続可能、かつ100人の双方向コミュニケーションが可能なツールのため、大規模なウェビナー開催が実現しやすいでしょう。 メリット 参加者側のメリット ・どこにいても参加ができる 一般的な会場をレンタルする セミナーの場合、わざわざ足を運ぶ必要がありますが、ウェビナーであればどこにいても参加ができます。

4

Zoomのウェビナーとは?料金や登録・招待などのやり方・使い方

セミナールームや研修会場のレンタル費用• 開催の1時間前にリマインドメール 配信URLに対するお問い合わせはかなり多いため、念入りのリマインドの実施に損はありません。 次に「どのように音声会議しますか?」と表示されたら、 「Zoomのコンピューターオーディオに参加する」を選択。

26

ZOOMのウェビナーとは?基本機能との違いと7つのメリット

そこでまずは無料プランと有料プランの差をお話します。

【はじめてのZoomウェビナー】使いこなすZoomウェビナー

番組ライクな質の高い配信が可能• 説明(任意) ウェビナーの説明を入れます。 ターゲット• 24h連続使用可能 ユーザー管理機能 管理者機能コントロール レポーティング カスタムパーソナルミーティング利用 クラウド上に保存管理 API利用 Skype for Businessとの相互運用 細かい追加機能は別として、やはり大きなポイントは無料版Zoom利用時の40分という利用制限時間がなくなり、24時間と大きく拡張される事。

8