好きな歌 斉藤茂吉

【補記】建仁元年 1201 の仙洞句題五十首、題「野径月」。 雨降る。

9

夜永唄 (動画プラス) / 神はサイコロを振らない ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

やはりこのまま過ごそうか。 【校異】第四句「ひとへにかはる」として載せる本もある。

22

夜永唄 (動画プラス) / 神はサイコロを振らない ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

『手枕の袖』のお言葉を忘れる時があるかどうかを」 と冗談ごとに言い紛らわして、しみじみとした夜の風情も、こんなことを言っているうちに明けたのだろう。 誰にも知られないところがあります。

20

[税って何に使われているの?] 身近な税の使いみち〜国民医療費、年金など〜

〔六〕 雨が降り続いて退屈なこの数日、女は晴れ間のない長雨の鬱陶しさに、 〈あの人との仲はどうなってゆくのだろう〉 とずっと思い続けて、 〈言い寄ってくる男たちはたくさんいるけれど、そんな男たちのことは今はなんとも思わないのに、世間の人はいろいろ噂しているらしいが、 『身のあればこそ (いづ方に 行き隠れなん 世の中に 身のあればこそ 人もつらけれ/どこに行って身を隠そうか 俗世にいるからこそ辛いのだ[拾遺集・読人しらず]) 』 で、わたしがここにいては〉 と思って過ごしている。

5

奪格 を アルメニア語

また、本集の歌数は、本文中に六百九十七首、後記中に九首あるから、合算すれば 七百六首といふことになる。

6

九条良経(藤原良経) 千人万首 注釈付き

三月廿八日。

25