日本無機化学工業株式会社の求人

売上高は全体として横ばいにとどまった。 ・・・・・・・・ 松永 克志,豊浦 和明,中村 篤智 《解説 V 》無機リン化学の溶液 NMR 分析 NMR for Inorganic Phosphorus Chemistry ・・・・・・・・・・・牧 秀志 《学会ニュース》第 25 回無機リン化学討論会「山形大会」講演・参加募集 《学会ニュース》平成 27 年度日本無機リン化学会学会賞受賞候補者の推薦のお願い 《お願い》 1 会費納入 , 2 所属変更 , 3 入会案内 , 4 原稿募集 《学会カレンダー》 《編集後記》 相澤 守 PHOSPHORUS LETTER第82号 2015年2月 《巻頭言》最近思うこと Those I Wonder Recently ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神鳥 和彦 《追悼記事》鈴木 喬 先生を偲んで・・・・・・・・・・・・・・・・三宅 通博 《表彰》平成 26 年度 第 23 回日本無機リン化学会表彰 平成 26 年度学会賞選考経過について・・・・・・・・・・・・・・・ 中山 尋量 《解説 I 》 X 線による構造解析概論 Introduction to X-ray Structural Analysis ・・・・・・・・・・・・武井 貴弘 《解説 II 》カルシウムヒドロキシアパタイトの赤外吸収スペクトル Infrared Spectra of Calcium Hydroxyapatite ・・・・・・・・・・・田中 秀和 《解説 III 》 X 線光電子分光法 X-ray Photoelectron Spectroscopy ・・・・・・・・・・・・・・・・ 永井 亜希子 《解説 IV 》固体 31P NMR Solid State 31P NMR ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中山 尋量 《解説 V 》リン酸塩の高速液体クロマトグラフィー( HPLC )による分析 Analysis of Phosphate by High Performance Liquid Chromatography ・ ・・・・・・・・前田 秀子 《解説 VI 》熱分析 TG-DTA によるリン酸塩の分析と評価 Analysis and Evaluation of Phosphates by TG-DTA ・・・・・・・・成相 裕之 《学会ニュース》平成 27 年度日本無機リン化学会学会賞受賞候補者の推薦のお願い 《学会ニュース》平成 26 年度日本無機リン化学会総会開催される 《お願い》 1 会費納入 , 2 所属変更 , 3 入会案内 , 4 原稿募集 《学会カレンダー》 《編集後記》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 成相 裕之 PHOSPHORUS LETTER第81号 2014年10月 《巻頭言》今後の名古屋地区の発展について思うこと Consideration of Future Development in Nagoya Area・・・・・・・・・・・ 櫻井 誠 《解説 I》バイオセラミックスの歯科応用 —骨再生医療のアウトカム — Dental Application of Bioceramics -Outcome of Bone-regenerative Therapy- ・・・・・ 赤澤 敏之 , 村田 勝 《解説 II》バイオセラミックスとしてのリン酸カルシウム多孔体 Porous Calcium Phosphates for Bioceramics・・・・・・・・・井奥 洪二 , 上高原理暢 《解説 III》バイオセラミックスの基礎 Foundations of Bioceramics ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 遠山岳史 《解説 IV》分極によるバイオセラミックスの高機能化 Development of the Bioceramics in Japan・・・・・・・・・・・ 中村 美穂 , 山下仁大 《解説 V》バイオセラミックスの組成制御による高機能化 High Functionality of Bioceramics by Composition Control・・・・・・・・ 橋本和明 《解説 VI》本邦におけるバイオセラミックスの発展 High Functionalization of Bioceramics by Polarization・・・・・・・・・・ 平野昌弘 《解説 VII》バイオセラミックスを用いた複合材料の創成 Development of Composites Utilizing Bioceramics ・・・・・・横井 太史 , 上高原 理暢 ,大槻 主税 《解説 VIII》バイオセラミックスの複合化:コーティングによるアプローチ Composite of Bioceramics: Approach via Coating Process Route・・・・・・・相澤 守 《学会ニュース》第 24回無機リン化学討論会「高知大会」開催報告・・・・・柳澤 和道 《お願い》 1 会費納入 , 2 所属変更 , 3 入会案内 , 4 原稿募集 《学会カレンダー》 《編集後記》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川井 貴裕 PHOSPHORUS LETTER第80号 2014年6月 《巻頭言》自己満足のすすめ Encouragement of self-satisfaction ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・井奥 洪二 《解説 I 》無水トイレにおけるリン酸塩析出物 Urine Derived Phosphate Precipitates under Water Free Condition ・・・・井須 紀文 《解説 II 》セラミック人工骨における薬剤徐放性の相違 -第 1 報 形状・材質・気孔 率の影響- Comparison of Sustained-Release for Antibiotics from Ceramic Artificial Bone -Part 1 Influence of Form, Material, and Porosity- ・・菅生 健,庄司 大助,平野 昌弘 《解説 III 》セラミック人工骨における薬剤徐放性の相違 -第 2 報 徐放性のよい ペースト状人工骨とは- Comparison of Sustained-Release for Antibiotics from Ceramic Artificial Bone -Part 2 Which Paste-Type Artificial Bone Shows Good Sustained-Release? ノー ワークノーペイの社風で質実剛健をモットーとする。 1 燃料電池電解質を目的としたリン酸塩系プロトン伝導材料・・・ 春日 敏宏 , 前田 浩孝 , 中山 将伸 7. 平成24年10月 (2012年) 日本ピュアテック㈱がルフトテクノ㈱を吸収合併。

2

第29回無機リン化学討論会 (オンライン開催) : 日本無機リン化学会

そのため、研究開発投資の割合が大きくなる方向にあることは間違いありません。 昭和28年1月 (1953年) 村上工場を建設、熔成燐肥の製造開始。

会社概要・沿革

平成4年10月 (1992年) 郡山工場、三春工場を統合し福島工場とする。

29

【研究力】無機化学・分析化学

これらの成分の中で水に溶けるのは炭酸ソーダNa 2CO 3だけです。 また、化学工業全体が、基礎化学品の分野から電子情報材料や機能性樹脂など、付加価値の高い機能化学品(スペシャリティ・ケミカル)の分野に軸足を移しつつあります。

8

会社概要|日本カラー工業

を設立。 平成6年4月 (1994年) 空調設備機器設計施工販売の日本ピュアテック㈱(現・連結子会社)を設立。

日本化 Research Memo(1):1893年創業で無機化学中心の化学メーカー

酸(硫酸)とアルカリ(炭酸ソーダ)の生成と、コールタールに始まる有機化学工業の誕生にまつわるエピソードを紹介します。

第29回無機リン化学討論会 (オンライン開催) : 日本無機リン化学会

これに対し、加工組み立て産業は、製品にどのような機能を持たせるかが製品の価値を決めます。 2 バイオセラミックスとしてのリン酸カルシウム多孔体・・・・・・・・・ 井奥 洪二 , 上高原 理暢 7. アンモニアNH 3と水H 2Oは、主反応に循環使用されます。

30

第29回無機リン化学討論会 (オンライン開催) : 日本無機リン化学会

加えてソルベー法は、ルブラン法に比べ反応温度が低いためエネルギー消費が少なく、生産コストを安価に抑えられます。

16