丸井今井

子会社丸井ディオスを設立して小樽市でペテルブルグミュージアムの運営事業に進出。

家族亭 丸井今井札幌本店

この新体制発足直後の(平成21年)9月中間決算 2カ月の変則 で売上高15億7300万円で営業利益7100万円で登録免許税などの開業経費を賄えず経常損益と純損益はともに3100万円の赤字となり 、三越伊勢丹ホールディングスの社長が店舗体制の縮小の可能性に言及するほど厳しい再出発となり 、函館を中心とした道南地方の景気は道内でもとりわけ厳しいため函館店の経営の先行きについて厳しい見方がされていた が、その後は黒字転換して(平成24年)3月期で売上高が前期比2. また、1968年(昭和43年)9月には本店の近隣で業績が悪化していた地場資本の百貨店 の事業を当社も出資した新会社株式会社丸ヨ池内に引き継ぐ形で 傘下に入れ 、(昭和48年)には子会社丸井マルサを設立して札幌で の運営に乗り出し 、(平成3年)には小樽店の移転に関連して旧小樽支店跡にできた再開発ビル内にも小樽マルサを開業させる など既存店の周辺の商業集積を高める戦略も同時に展開していた。

24

家族亭 丸井今井札幌本店

しかし、(平成11年)3月11日にの近くに約5,000台の無料駐車場を持ち、約7倍の売場面積98,000m 2を誇るマイカル小樽(現・)がオープンする など郊外型のショッピングセンターの開設が相次いで競争が激化して中心市街地の集客力を奪われた ため新店舗の成功は長続きせず 、(平成17年)10月23日に閉店して 115年の歴史 に終止符を打った。 (明治25年)4月25日 - 函館支店を十字街近くの末広町に開設• (平成21年)• 第2次世界大戦後の増床や店舗網の再構築 [ ] 第2次世界大戦後の(昭和25年)9月に 株式会社丸井今井に商号変更を行って 百貨店名と同一とし、その後各店舗の増改築などを行って(昭和40年)時点で同年に別館新築を行った 札幌本店が15,491で道内最大の売場面積となっていたほか、旭川支店 4,411m 2 、小樽支店 4,318m 2 も各々の地区で最大の売場面積となるなど積極的な営業戦略を採った。 2010年4月13日• 2011年9月10日• 函館市史編さん室『函館市史 通説編 第3巻』函館市、1997年、705-709頁。

16

丸井今井札幌本店 / 札幌三越

(昭和9年)に大国屋が百貨店としての営業を開始し 、(昭和30年)には河野呉服店もとして百貨店としての営業を開始した ため、当店は同じ商店街内で3つ巴の百貨店競争を行うことになり、(昭和40年)には売場面積4,318m 2で売上高13. その後空き店舗となっていて、(平成23年)12月に札幌市のジェイシーシーがデータセンターの開設計画を打ち出して合同会社ビックランドプロパティ1と売買契約を結んだが着手金や残金を(平成24年)2月になっても支払えなかったため、ビックランド側が契約を破棄し、同年3月30日付で苫小牧市内の道央佐藤病院グループの社会福祉法人ふれんどが底地と立体駐車場の所有権を取得している。

地下食品売り場

2004年4月24日• 当店の土地・建物などを所有していた丸三鶴屋は店舗跡地の売却が終了した直後の(平成18年)12月19日にへ特別清算の適用申請を行っている。

10

丸井今井 札幌本店 の提携駐車場と駐車料金が無料になる割引サービス

『日本商業年鑑 1972年版』 、1972年。 1億円 売場面積2,823m 2 を下回ったものの地場資本のの13. 5億円 売場面積3,500m 2 を大きく上回って地域一番店となる など旭川でトップの百貨店として営業していたが、(昭和50年)に旭川店の開業後は地域一番店の座を奪われて2番手となった ため、(昭和53年)4月に店舗を1条通8丁目に移転させて 対抗したが、西武百貨店旭川店から地域一番店の座を奪い返すことは出来なかった。

14