【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

セルB1の名前と同じ名前が命名されているセル範囲を持ってくる、という意味です。 [データ]タブのデータツールグループの[データの入力規則]をクリックします。 例えば、「1」「2」「3」「4」をプルダウンリストから選択できるようにする場合には、「1,2,3,4」と入力する。

14

【Excel】プルダウンメニューの作成方法(設定・解除)

例えば、上の表のようにまだ完了していないものは分かりやすく色が付くと作業がしやすいと思います。 (2)プルダウン応用編 次は、さらに便利なプルダウンの使い方をご紹介いたします。

24

【Excel】エクセルのプルダウンリストを設定・解除・増やす方法

[参照]欄に「全支店売上」とういう名前のついた範囲を設定することができました。 データ範囲の先頭行 見出し行 には定義する名前「九州」を入力してあります。

28

Excelのオートフィル・プルダウン機能などがうまく行かない! 対処法は?

下の「内容」欄に、プルダウンを設定します。 行数は大項目の結果を反映して行を指定するためにMATCH関数を使います。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。

20

Excelのオートフィル・プルダウン機能などがうまく行かない! 対処法は?

エクセルの便利な機能「プルダウン」とは? プルダウンリストは「ドロップダウンメニュー」とも呼ばれ、例え名前を聞いてどんなものか分からなくても、ほとんどの人が見たことがあると言いきれるほどメジャーなものです。 スポンサーリンク. Delete 6 If Target. A2セルを選択し、[データ]タブの[データの入力規則]を選択します。

定義した名前を数式やドロップダウンリストで使う【Excel・エクセル】

3-1. 「支店名」という名前をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 エリア、店舗名、電話番号が連動したリストが完成しました。 これはVBAでプログラムを組まなければできないことです。

Excel2016でプルダウンを設定する方法|選択できるので入力が簡単になりミスも防止できる

「MATCH プルダウン表示セル,大項目の範囲,0 ,1」の記述が該当します。 というわけで、今回はショートカットキーを使って設定をしてみましょう。 セル範囲に名前が付けられる 「名前の定義」機能 と INDIRECT関数を組み合わせることで、2段階のリスト入力を作成することができます。

23

エクセルのプルダウンリストの作り方~Excel入力規則

A2セルでパソコンを選択• Excel2010以降ではテーブル機能を利用して、リストの範囲を自動で伸ばすことができます。 リストとリストの間は、必ず半角カンマで区切ってください。 addメソッドが実行されたセルにもう一度validation. 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• [設定]タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択します。

12