日本製鉄九州製鉄所八幡地区

:1914年7月18日 - 1918年2月18日• (明治20年)から操業を続けるに続き、日本国内で2番目の製鉄所であった。 :1924年12月1日 - 1925年3月31日• 中井励作:1925年4月1日 - 1934年1月27日• 鹿島製鉄所が発祥の鹿島アントラーズの経営権はすでにメルカリに移った。

6

日本製鉄九州製鉄所八幡地区

第二次世界大戦前には日本の鉄鋼生産量の過半を製造する国内随一の製鉄所であった。

2

日本製鉄九州製鉄所大分地区とは

(平成23年)4月1日 - 新日本製鐵鋼管事業部光鋼管部が大分製鐵所に統合され、大分製鐵所光鋼管工場となる。 八幡地区 光チタン 1955年(昭和30年)に八幡製鐵の光製鐵所として発足したのがこの工場の始まりである。

18

日本製鉄の没落、巨額赤字で高炉閉鎖加速…地域経済に壊滅的打撃、世紀の大統合失敗か

、八幡地区にあった第三技術研究所はの総合技術センターに移転集約された。 (昭和45年) - 独占禁止法違反回避(参照)のため、用銑鉄専用の東田第六高炉をに譲渡。 :1896年5月19日 - 1897年8月9日• 現存する日本国内最古の鉄骨建築物。

日本製鉄九州製鉄所八幡地区

(昭和19年) - アメリカのが八幡製鐵所を爆撃(八幡空襲)。

14

人事、日本製鉄(1) :日本経済新聞

- 製鉄所のサッカー部。

9