美容室・理容室の開業に必要な許可申請について

美容室・理容室を開業するには、下記のような資格や許可申請が必要です。

9

川崎市:美容所・美容師

営業許可には許可期限があります。 営業許可を受けるためにはさまざまな店舗施設の条件があり、開業する人には分かりづらい部分も多くあるのが現状です。

17

申請もれで法律違反?許認可が必要な事業一覧と手続きの注意点を解説

従事する理容師・美容師の変更 新規雇用・解雇等により,理容所・美容所に従事する理容師・美容師に変更が生じた場合は,を提出してください。 この手続きや定款の作成は専門的な知識を要するため、司法書士等に依頼して代行してもらうのが一般的です。

10

【営業の許可申請に必要なもの】

なお、いずれの改正についても、施行日は平成21年1月1日です。

1

美容所の開設に関する基準等について 東京都福祉保健局

開設届• たとえば、の場合、表の下の方に「長崎県食品衛生に関する条例による許可業種」とあります。 開業するときには、美容師の免許を提出します。 保健所から営業許可を受けるために 保健所から営業許可を受けるためには、以下について満たす必要があります。

26

理容所・美容所の変更手続き

理容所・美容所の施設名称の変更 変更届出時に必要なもの• 開設届• 保健所に申請する業種 業種 内容 許認可の種類 美容業 美容室の経営 届出 理容業 理容室の経営 届出 クリーニング業 クリーニング店の経営 届出 飲食店業 レストラン経営 許可 旅館業 宿泊料を受けて人を宿泊させる旅館の経営 許可 興行場運営業 映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸又は観せ物を、公衆に見せ、又は聞かせる施設の運営 許可 墓地経営業 墓地等の経営や管理 許可 2. 伝染性疾患(結核及び伝染性皮膚疾患)の有無に関する医師の診断書(有効期限は診断日から1ヶ月以内)• ということになってしまいます。

6