シンガポール事業40周年 次世代事業・人財投資をさらに推進 デンカ|ニュース|生産資材|JAcom 農業協同組合新聞

大暴落で、株価が大きく下がった時に仕込んで、キャピタルゲインと配当を狙うのが良さそうですね。 実際のデンカ株式会社(デンカ生研株式会社)のIRニュースはこちら。

14

「新型コロナとインフルエンザ」同時に検査可能、デンカが検体採取範囲を拡大(ニュースイッチ)

後者では、院来クラスター発生が疑われる場合に、国立感染症研究所のスタッフや厚労省のクラスター班が当該医療機関等に出向き、迅速に「クラスターが発生しているか否か」を判断できるようにするための配備と言えます。

「新型コロナとインフルエンザ」同時に検査可能、デンカが検体採取範囲を拡大|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

このように、「PCR検査に比べて、やや感度が低い」ものの、医療現場における有用性の高さが評価され、今般、保険適用が認められたものです。 同感染症が世界的に拡大し国内でも早急な検査体制の強化が求められる中、国立感染症研究所と開発に関する共同研究を進め、AMED(日本医療研究開発機構)の研究班への参画を通じて国立感染症研究所より抗体と抗原の分与を受け、開発を加速させてきた。

2

【株】デンカ株式会社の株価が急騰。コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどへの治療薬原料生産対応へ【デンカ生研株式会社】

通常は開発から製造販売承認取得までに最短でも1年半から2年を要するところ、関係官庁や公的機関、国内外の研究機関の協力と支援を仰ぎ約半年で承認を得ることができた。 デンカは、「同製品が現在求められている新型コロナウイルスの検査体制のさらなる拡充に活用されることで、人々のQOL向上に貢献できるものと確信している」とコメントしている。

9

抗体/抗原検査キット(1290円~)、新型コロナウイルス対策、10分で検査可能

この点について、中医協総会では、城守国斗委員(日本医師会常任理事)らが「両検査の棲み分けについて、医療現場では混乱が生じるであろう。

8

【株】デンカ株式会社の株価が急騰。コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどへの治療薬原料生産対応へ【デンカ生研株式会社】

数百万セットとも伝えられています。 ドイツの新型ウイルス研究第一人者であるシャリテー大学病院ウイルス学研究所のドロステン所長は同紙に、アビガンについて「有望だ。 また日下結核感染症課長は、実際に新たな抗原検査を実施した症例等を集積・分析し「適正な使用に向けてを更新していく」考えを提示しました。

1

新型コロナ 短時間で調べられる「抗原検査」13日承認へ 厚労省

同社では最大1日10万検査分の量産体制を構築し、国内薬事承認後には速やかに各医療機関へ供給できるよう準備を進めている。