雇用契約書(労働条件通知書)作成時の注意事項に関するまとめ

人事担当者は、労働条件通知書の電子化も含め、労働条件通知書を速やかに交付できるようにしましょう。 就業規則で代用は可能? 就業規則とは、全ての労働者が守られなければならない規則や、基本的な労働時間や休日、給与規定などを定めたものです。

10

労働条件通知書ってどんな書類?書く前に抑えておきたい書き方と記載事項

交付されていない場合は30万円以下の罰金が課されることがあります。 特定の電子デバイス上でしか見られないもの、SNSなど印刷を前提としていないもの、期限が過ぎると閲覧できなくなるものなどを使っての送付は、省令違反と見なされる可能性があるため避けましょう。 雇用契約書とはどのようなものか 民法第623条に基づいて雇用主と労働者の間で交わされる書面が雇用契約書です。

21

退職に関する事項の記載について

制度がある場合に明示しなければならない項目• また、社会保険料や税金など、控除するものも記載しておきましょう。 この中で、短時間労働者に該当する者や有期契約労働者に対しては、全社員に共通する明示事項以外に個別に明示する必要のある事項が別途決められています。

御社の労働条件通知書は大丈夫ですか?

また、いずれの雛形も「Word版」と「PDF版」のダウンロードが可能です。 つまり、労働者は契約締結時に、労働条件が変更になる可能性があることにも合意しているものと見なされます。

19

雇用契約書・労働条件通知書に記載されるべき16の事項とは

人事業務に関するお役立ち情報をお送りいたします。

労働条件通知書-記載内容と労働条件が相違する場合-|リーガレット

口頭による明示で良い項目・書面(労働条件通知書)による明示が必要な項目• 罰則規定の有無にかかわらず、トラブル回避のために雇用契約書を交付し、労働者との認識を統一させましょう。 編集 などと具体的に記載します。

7