映画「アナと雪の女王2」のステマ騒動 波紋が広がり続ける背景

ペニーオークション(ペニオク)事件 入札するごとに手数料が発生する「ペニーオークション(ペニオク)」で発生したステマ事件です。 おそらくは過去のステマ騒動で最速で炎上した事例と言えるでしょう。 (出典:感想投稿キャンペーンウェブサイト) 参考: 映画を観たファンがこれらの批判投稿を見て、どういう気持ちになるかは想像に難くないはずです。

5

アナと雪の女王2のステマ炎上について、記者対応とPRの問題点

ステルスマーケティングは広告だと気づかれないように宣伝する必要があるのに比べ、アフィリエイトは広告とわかる形で掲載している点が大きな違いです。

ディズニーが『アナと雪の女王2』ステマ失敗で炎上から謝罪に追い込まれた|株JIN

アナ雪2のステマ疑惑にウォルト・ディズニー・ジャパンが回答 ウォルト・ディズニー・ジャパンはITmedia NEWSの「PR漫画はステマではないのか」という取材に対して以下のように回答をしたことを明らかにしています。 また つい先日も京都市が生んだ人気漫才コンビのが持ち上がり、所属する吉本興業が疑惑を否定するという一幕がありました。 イギリスのステマ規制 イギリスでは2008年に、を施行しており、ステマを違法として取り締まっています。

アナ雪2ステマ疑惑で炎上「やしろあずき」寿司で批判リプ交わすも黒歴史ノートねつ造まで飛び火

今回問題になったマンガがつけていたハッシュタグ「 アナ雪2と未知の旅へ」は、アナと雪の女王2の感想投稿キャンペーン用のハッシュタグのようですが、現在と、ステマ関連の大喜利状態。 「今回だけでなく前作もだったんかな」とゲスな勘ぐりしてみたり。

アナ雪2ステマ疑惑から考えるユーザーを騙すステルスマーケティングの問題点と歴史

1位の254. 先述の通り、 ステマはユーザーを騙すような宣伝方法となるため、発覚すると宣伝対象のコンテンツや商品などのイメージダウンにつながりやすいのです。 ですよね。

ディズニー、アナ雪2“ステマ疑惑”で謝罪 「感想を自由に表現してもらう企画だった」

炎上だって宣伝になるからね。 これはつまり、金銭の支払いがあったことを暗に認めているのではないでしょうか? 試写会への無料招待だけなら、PR表記をディズニー側が求めることはないはずです。 ということで、依頼した側、依頼された側のどっちだとしてもステマをした人達で有名な側が叩かれ避難されるということでしょう。