故事百選

世間では嬢様の事を不人情だとか、薄情だとか色々申します。

7

夏目漱石 草枕//冒頭の名言を意味付きで解説「智に働けば…」

怖 ( こわ )いものもただ怖いものそのままの姿と見れば詩になる。 味わえば味わうほど沁みる、漱石の思索の結晶。 湯治場として滞在することとなった家で、主人公の前にあらわれる不可思議な女性、それが家の娘である那美さんでした。

草枕の冒頭「智に働けば角が立つ」とはどんな意味合いなのでしょうか?「智...

列車が動き出して、久一青年の車両が遠ざかり、最後の車両が来た時に、髭だらけの野武士風の男が車窓から「 名残 なごり り 惜気 おしげ に首を出した」。 何にしてもなかなか寝られない。

【文学】夏目漱石「草枕」の真実とはー謎を解く鍵は絵画 ミレー『オフィーリア』

すやすやと寝入る。

6

夏目漱石 草枕//冒頭の名言を意味付きで解説「智に働けば…」

ともに意識のうちにあったのは、日本や日本の文化の行く末であったことを考えると、互いに深い敬意を抱いていたと理解してかまわないかと思います。 あとは 至極 ( しごく ) 呑気 ( のんき )な春となる。 ある時に那美のいとこに当たる久一という青年の出征が決まったために、みんなで一緒に吉田の駅まで見送ることになりました。

27

夏目漱石 草枕

菜の花に気をとられて、踏みつけたあとで、気の毒な事をしたと、振り向いて見ると、黄色な珠は依然として鋸のなかに 鎮座 ( ちんざ )している。