スゴい!タコのトリビア集「心臓が3つある」「足が切れてもまた生えてくる」 (2015年8月21日)

神経系について言えば、タコにも脳と呼べる構造はあるが、脳とそれ以外の神経系にヒトほど明確な境界線はない。 日常生活の違い タコとイカでは日常生活の仕方が全く違います。

心臓が3つに脳が9つ?! タコの“エイリアンみたいな”すごすぎる生態

すみが広がる前に、敵はゆうゆうと、タコをつかまえることができるはずです。 ヘプタポッドとの邂逅が示唆すること そしてここまで来ると、映画『メッセージ』で登場した曼荼羅を匂わせる複合型文字についても、ヘプタポッドがタコよろしく「分散型の神経系」を持っていたと考えれば腑に落ちてくる。

30

異なる道筋で進化した「心」を分析する──『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』

タコには獲物を見つけた時や、敵から身を隠す時等、一瞬にして移動できるだけの瞬発力があります。 結局のところ、タイトルが悪いのだ。 マインドとしての「心」 実のところ、本書のエッセンスは何かといえば、タコとヒト、頭足類と脊椎動物との間で、「進化はまったく違う経路で心を少なくとも二度つくった」ことを解明することに集約される。

22

6億年前に分岐した、地球生まれのエイリアン──『タコの心身問題──頭足類から考える意識の起源』池田純一書評連載

ちょっと今回はタコのサイズが小さくてうまく写真が撮れなかった。

27

【タコ/足/何本】タコの足は8本ではない!2本が腕、足は6本「タコの体の構造!オス、メスの違いや心臓の数など、タコに関する疑問を解消」

最近の論文も引用されており、その分野が現在進行形で研究されていることが良く分かる。 私がここまでこの本に辛辣になるのは、単純に高すぎるからだ。 私は最初から細かいところを写真に収めていった。

17

【タコ/足/何本】タコの足は8本ではない!2本が腕、足は6本「タコの体の構造!オス、メスの違いや心臓の数など、タコに関する疑問を解消」

いわば、その後の生物の形態を支えるプラットフォームがこの時期に確定され、そのプラットフォームの上で、さながら様々な状況に応じたアプリのごとく多様な生物が誕生し、進化と分岐を繰り返していったわけだ。 確たる起源は不明であるが、漁船上で漁業者が獲れたタコをぶつ切りにして飯に炊き込んだのが始まりとみられている。

タコの驚くべき知性について解説

しかし、一般的には、足と呼んでいる為、広義の意味合いでは、タコ、イカは、エサをとったりと、主に手のような働きをする腕がイカは2本あり、タコは腕としての役割をするのが6本。

タコの最期は涙なくしては語れないほどに尊い

一方でイカの足の本数は、触腕が2本、足が8本ということで、 合計10本の足を持っています。

13