愚策・裁判員制度 辞退(拒否)したい人のために

「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」は、義務と罰則はごたごたと事細かである。

15

裁判員制度の概要

ここで甲種・乙種・丙種・丁種・戊種と国家への忠誠を判別するのか。 2009. 平成21年(2009)5月21日から施行。

4

裁判員制度の概要

対象となる事件は,で行なわれる刑事事件のうち,など,刑の重い重大犯罪であり,人にを辞退することは認められていない。 ここで「徴兵逃れ」をするのは「非国民」といわれることになるのか。

1

裁判員制度の概要

法定刑に死刑や無期刑を含む重大な事件が対象で,対象事件に該当すると,被告は裁判官だけによる裁判を選択できない。 (裁判員候補者の不出頭等に対する過料) 第百十二条 次の各号のいずれかに当たる場合には、裁判所は、決定で、十万円以下の過料に処する。

20

裁判員制度の概要

名簿に載った人は、その1年の間に裁かれる裁判員制度の対象となる事件において、裁判員として選ばれる可能性があるわけです。 いかなる場合もこれは不当な裁判制度であるから無罪を主張することは意見表明であることを認めるか訊く。

14

裁判員制度の概要

「候補者名簿への記載通知」の受け取り拒否。 。 この「裁判員制度」を導入することになんのメリットがあるのか? どんな目的で強行するのか、考えてみると「裁判員制度」はとてつもない愚策であった。

17

愚策・裁判員制度 辞退(拒否)したい人のために

度は英国・米国などで採用されており、事件ごとに無作為に選任されるのみで有罪・無罪の判断を行い、は裁判官が行う。 そうした人をわざわざ作りだしていいものか。

13