Microsoft Edgeの履歴やキャッシュを削除して個人情報を守る:Tech TIPS

なぜキャッシュデータを取りに行くの? サーバーのデータを取りに行くより早いからです。 これならわかりやすいですよね? キャッシュファイルは、システムのパフォーマンスを向上させてくれる、大切な存在です。 すると、「これらのファイルを完全に削除しますか?」というポップアップが表示されるので、「ファイルの削除」をクリックしましょう。

13

DNSキャッシュをクリアするには(Windows、Mac、Chrome)

したがって Windows OS と非常に相性が良く、きっちりメモリ解放を行いつつ、スケージュールで決まった時間がきたときだけ発動するので、CPUに負担をかけません。 いずれも削除してしまっても不具合が起きることはありませんが、 サイトのログイン情報のクッキーを削除すると、ずっとログインしていたサービスに再ログインが必要になるなど、再操作の手間がかかることがあります。 ステップ2. キャッシュの消去以外にも、保存期間や容量、保存するデータの種類を指定するなどの設定ができるので覚えておくとよいでしょう。

6

Windows 10 完全にシャットダウンする

ですので、先ほども紹介したディスククリーンアップを定期的に使っている場合などは、一度試してみるとよいでしょう。 ドメインネームサーバー(DNS)キャッシュをクリアすることなどの仕事はわかりにくく、どこから始めればいいのかわからない場合が多いでしょう。

インターネットの「キャッシュ」って削除してもいいの?

ステップ4、すると、「 システムファイルのクリーンアップ」をクリックしてシステムキャッシュの検出が始まります。

Windowsでのキャッシュをクリアする方法

1-1. [閲覧データをクリア]ダイアログが開くので、削除する時間の範囲を「すべての期間」「過去4週間」「過去1週間」「過去24時間」「過去1時間」から選び、削除したいデータの項目を選択して[今すぐクリア]ボタンをクリックする(パスワード以下はスクロールしないと表示されないので注意)。 その上でメモリ不足、HDD容量の減少やキャッシュたまったを解決する際に有効な手段がキャッシュのクリアです。 このコンピュータのゴミを掃除するコツを以下に紹介します。

24

Windows10

なお、Microsoft EdgeはWindows 10に標準でインストールされているバージョン(以下、Microsoft Edge)に加え、Chromiumをベースに開発した新しいMicrosoft Edge(以下、Chromium版Edge)がある。 このような悲劇が起きないように、定期的にコンピュータの中身を整理整頓して、コンピュータのパフォーマンス(動き)を改善させましょう。 ステップ3. さあ、本文ではキャッシュデータとは何かや、Windows10でキャッシュをクリアする方法について分かりやすく紹介します。

21

Windows Updateでエラー発生!溜まったキャッシュをリセットして復旧するワザ

通常、キャッシュは一定期間保存されるように設定されています。 [閲覧の履歴]から[削除]ボタンをクリックします。

Internet Explorerのキャッシュをクリアする方法

ウィンドウ下の 削除をクリックすると、これまで保存されていたすべての復元ポイントが削除されます。

7