《サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪》モーリス・ユトリロ|MUSEY[ミュージー]

3、コネたら蓋をして30分放置し、蓋を開けてパンチ1回目。 フランスパンほど皮が厚く無いので食べやすく、私がこよなく愛するパンです。

27

外はパリッ、中はもちもち!文京区・春日で出会った地域密着型ブーランジェリー『COMME D’HAB』の絶品リュスティック

準強力粉…250g• *発酵が遅いようでしたら発酵機をお使いください。 オーブンの温度はご家庭のオーブンによって変わってくるので、上の温度は参考に、 ご家庭のオーブンと相談しながらいい焼成温度・焼成時間を見つけてみてください! 完成! いつもながら良い色に焼きあがってくれました^^ 今朝、リュスティックサンドのために半分にスライスしたものです^^ノ クラムはもっちりプリンプリンです。 スプーンですくってトーストしたパンにのせれば、スイーツ感覚のパンに早変わり。

21

リュスティック│makoto

(図は4方向だけど) 4、パンチしたらまた蓋をして、30分放置。

リュスティック : [スペルト小麦の教科書]

生地の強さを確認しながら、長方形に折りたたみかたちを整える。 ボウルには常時ラップをかけておく。

24

リュスティック (Cafe Rustique)

長方形に伸した生地を横に三つ折りにして、さらに縦に三つ折りにする。

17

高加水でモチモチ食感のリュスティック基本&アレンジレシピ│makoto

生地を必要以上にいじりすぎてしまうと、せっかく保持している炭酸ガスが逃げてしまい、発酵に大きな影響を与えてしまい、焼き上がった後の風味も変わってきます。

11

《サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪》モーリス・ユトリロ|MUSEY[ミュージー]

今回の作り方だと、天板が2枚必要になります。 パンチする回数を増やすことで生地が強くなってガスが抜けてしまっても復活することができる生地になるようです。 リュスティック、カンパーニュなど加水の多いパンは、粉の銘柄などで生地の仕上がりも変わりますし、 オーブンの種類などで工夫する点も変わってくると思います。