千葉県松戸市上本郷の風早神社にあったとされる上本郷館

663年、百済援軍のため 白村江 はくすきのえ に日本から大軍を送ったが、この時、この一帯の 水夫 かこ たちが相当数集められたと伝えられている。 明治22年() - の施行により、下記の各村が発足。 見慣れない大男が入り込んできて急に踊り始めたので、怪しんだ若者が刀で斬りつけた。

29

千葉県松戸市上本郷の風早神社にあったとされる上本郷館

昭和44年4月、和名ヶ谷、大橋の獅子舞と共に松戸市の無形文化財に指定され、現在に至ります。 天正十九年十一月徳川家康神田五石を寄附す、末社九座あり。 神和村(紫:松山市 1 - 9は温泉郡 11 - 15は久米郡 41 - 50は和気郡 51 - 56・61 - 68は下浮穴郡 71 - 80は伊予郡)• 安徳台。

6

風早神社

正岡村 25. (「稿本千葉縣史」より)  風早神社所蔵の文化財• 赤い色に、鉄と血の関係を思い出しながら、手早くシャッターをきっていきました。

30

祝詞山八幡神社

駐車場がなかったので神社の前にあった神社敷地と思わしき空き地に停めました。 (東葛の中世城郭(千野原靖方)). さらに中世室町時代の記録『康富記』や『臥雲日件録』には八百比丘尼が上京したと言う記述が残されているのだとか。

13

風早神社|松戸市上本郷の神社

これこそ、祈りの原点。 浅海村 22. 明治三十九年十二月幣饌料供進指定。

17

風早郡

(「千葉県神社名鑑」より) 「稿本千葉縣史」による風早神社の由緒 風早神社 同郡(同上)明村大字上本郷字総代に在り、境内六百二十六坪、祭神は経津主命にして相殿に武甕槌命及び天兒屋根命を祀る。

8

松戸上本郷七不思議めぐり

(1871年) - 第1次府県統合により、丸亀県の管轄地域および旧松山藩領が 、旧大洲藩領が の管轄となる。 が、そのうちの一人は耳が悪かったのでその話を聞き損じてしまい、料理を持ち帰って娘に食べさせてしまった。 (1872年) - 宇和島県の管轄地域が の管轄となる。

風早秋祭りマップ|祭都風早|風早活性化協議会

地元の眞鍋氏の本によると、人々は夏は米を作り、冬の北西の風が吹き出すと、 製鉄をして農具を作っていた時代があったとか。

1