ニケ(ナイキ)~シュロの冠を手に舞い降りる勝利の女神~

スポーツ用品メーカー「」の社名はこの女神に由来する。 ニケ像も同じなんだ。 この2つ目の布の襞が、研究しつくされて配置されているのは、明らかです。

13

ルーヴル美術館のおすすめ作品「サモトラケのニケ」_メルシーパリ.ネット

発見場所である、サモトラケ島はエーゲ海の島で、ギリシア共和国からの交通手段は船だけです。 スポーツメーカーのロゴはこうあるべきという、お手本のようなものですね。 勝利の女神ニケを信仰していたギリシア人は、戦勝記念としてニケの神像を奉納しました。

21

ニーケー

右の翼は、断片が二つしかないので、左の翼を型取りして反転させたものを付けました。 百人ほどの神々や女神、怪物のような巨人たちが、非常に立体感をもって彫刻され、烈しい戦いの中で、しのぎを削っています。 逆に言えば、この女神ニケの力がなくては、アスリートがどれだけ頑張っても勝利をおさめることはできないということ。

5

圧倒的存在感‼ サモトラケのニケが人々を魅了し続ける5の理由

それと同時に、ロゴデザインも誕生したそうです。

12

サモトラケのニケ

ルーブル美術館のためにパリに行くのもアリです!! でもパリの至る所にいる窃盗団には、くれぐれもご注意を…。 5 cm, L. 彫像の位置を変えたら、バランスが崩れて、台座の前の部分がすっかり倒れてしまいます。

ニケ(ナイキ)~シュロの冠を手に舞い降りる勝利の女神~

最初は胴体の部分のみが発見され、その後に断片化した左羽が発見されました。 現在、欠かさず読んでいるのが『龍帥の翼』。

18

サモトラケのニケには、

最初の発見はで、フランス領事 ()によって胴体部分が見つけられた。 笑 なんだか、とにかく魅力的で、迫力があって、かっこいいです。

15