航空母艦

開戦後に日本が建造に着手した空母は、6隻、軍艦や商船からの改造着手は8隻であるが、完成したのは、3隻、2隻、「」、「」、「」、「」、「」であった。 「機械」は、動力が続く限り一定の運動・作業を続ける特性があり、人間はただ必要な制御を行えばよいので、「操作する」という語が用いられます。 これは、着艦用のスペースに横向きに張り渡したワイヤーに、機体の尾部に取り付けた着艦拘束フック テイルフックともいう を引っかけて、強引に行き脚を止めるもの。

22

航空機の技術とメカニズムの裏側(32) 降着装置(7)空母搭載機の降着装置

今の艦には必要がないので装備されていませんからね。

23

航空機の技術とメカニズムの裏側(31) 降着装置(6)降着装置を巡るあれこれ

このように当時、カタパルト射出用の鉄製ワイヤーは使い捨てであり、「ブライドル・ワイヤー」と呼ばれました。 あとホースリールと救命筏を大量に作った記憶が・・・) 写真では暗くて、格納庫内部が見えないのですが、 肉眼ではうっすらと中の様子がうかがえました。 飛行甲板上の配置は「キティホーク」以降のそれが踏襲されている。

5

航空機の技術とメカニズムの裏側(31) 降着装置(6)降着装置を巡るあれこれ

「第5章 タトル提督のC4I近代化革命」『軍事システム エンジニアリング』、2006年、143-175頁。 また1950年の時点で、により、空母を含めた水上艦の原子力推進化の可能性検討が指示されていた。

28

航空機の技術とメカニズムの裏側(32) 降着装置(7)空母搭載機の降着装置

20世紀初頭までの軍艦には衝角という、体当たり攻撃のための武装が船首喫水線下に見られました。 Naval Institute Press. しかし、隙間が空いていたら密封が保てない。

2

ニミッツ級航空母艦

1968年、空母「ハンコック」からカタパルト射出されるA-4E「スカイホーク」攻撃機。

7

航空機の技術とメカニズムの裏側(32) 降着装置(7)空母搭載機の降着装置

しかし空母には数十機もの艦載機が搭載されます。 NTDSの後継として先進戦闘指揮システム()の開発が試みられたものの、これは成功しなかった。

3

米空母の「ツノ」なぜ見なくなった? 飛行甲板の舳先に2本…決して体当たり用にあらず|ニフティニュース

吉原, 栄一「現代空母の技術的特徴」『世界の空母ハンドブック』海人社〈世界の艦船別冊〉、1997年、26-33頁。

8