アイヌ神謡集・知里幸惠・『銀の滴降る降るまわりに』

公式HPから紹介文を転記します。

2

(筆洗) 銀の滴(しずく)降る降るまわりに 金の滴降る降るまわりに…

深き森の中、細い川の上空をそれにそってゆったりと飛び、川沿いにへばりつく小さな村にゆっくりと視線を移していく。 むしろ能天気な雰囲気すら漂っています。

#5 銀の滴金の滴

SINCE 2015年3月5日 2015年度例会レパートリー:会場は幸市民館 2015年• ari okay pe ye kor tuwan onkami rewan onkami ukakuste. 次に家の人たちが熟睡している間に神様は「銀の滴降る降る・・・・」と歌ったことを まさに現実のものにしました。 6月21日 16時 ハムレット 劇団東演• ari kamuycikap kamuy isoytak. 手八丁、口八丁で、男どもを言い負かしていたこと。 ホタルやトンボが死滅してしまった地域も多く、人々も殺伐として、日本全国絶望的な状況と言ってもいいでしょう。

9

梟の神の自ら歌った謡「銀の滴降る降るまわりに」

私もみんなに拝されました. Taporowa ainuopitta ramuriten wa それが済むと,人はみな,心が柔らかいで shisak tonoto ukoante. 」 すると、急にお金持ちは怒りだし言いました。

8

父の麦わら帽子余滴:銀の滴降る降るまわりに・・・

そして1945年。 そして鳥やけものの屍体は冑で本体は目には見えないけれども屍体の耳と耳の間にいるのだと云いる。 銀の滴(しずく)、降る降るまわりに、金の滴、降る降るまわりに・・・。

梟の神の自ら歌った謡「銀の滴降る降るまわりに」

左を見れば、翼も綺麗に包帯が巻かれています。 訂正するべきところは訂正し、謝るべきところは謝って、最終的にはみんなが仲良くやっていく方策がないものかと純粋に思っております。

7

銀の滴降る降るまわりに,金の滴降る降るまわりに

「シロカニペ ランラン ピシカン」は「銀の滴 降る降る まわりに」、「コンカニペ ランラン ピシカン」は「金の滴 降る降る まわりに」という意味で、実際の神謡でも繰り返しでてくる、とても印象に残る言葉です。 ーーーーー ちなみに、のはきれていて、に全文が公開されている。 日本が近代化する中で、犠牲になった、犠牲にせざるを得なかった、の人々の境遇や苦しみがよく理解できたと思う。

22

「銀の滴降る降るまわりに」考察・2

郷里の親友から借金をしてもすぐに使い果たしてしまうほど金遣いの荒い浪費家であり、さらに上乗せして無心するほどの途方もない借金魔であった野口。

26