安全保障貿易情報センター(CISTEC)

CISTECでは本法案を検討し、コメントを中国商務部条約法律司に提出しました。 令和2年12月7日(月曜日)• また、海外への技術提供も規制の対象となります。 対象になった場合、これまでどおり入手できるのか、新たにどのような手続きが必要になるのか、懸念されています。

安全保障貿易管理

オンラインセミナー視聴方法(「WEBEX」にて配信予定)• 146) 九州大学国際法務室 学術研究員 佐藤 弘基 ・ (CISTECジャーナル No. 関連法令は随時見直しが行われますので、最新法令等を参照することが重要です。

11

令和2年度 安全保障貿易管理説明会(オンライン説明会)のご案内(四国経済産業局)

その中で、自分自身が研究していたという経験や理系のセンスが生きる場面は非常に多くあります。 ドット・フランク法では米国証券取引所に上場する製造業者などに対し、コンゴ民主共和国および周辺国から輸出された紛争鉱物(3TG)の使用状況を調査させ、(SEC: Securities and Exchange Commission)に報告するよう義務づけている。

8

令和2年度 安全保障貿易管理説明会(オンライン説明会)のご案内(四国経済産業局)

へ地域 アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルバニア、アルメニア、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウガンダ、ウズベキスタン、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、エストニア、エチオピア、エリトリア、エルサルバドル、オマーン、ガーナ、カーボヴェルデ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、ガボン、カメルーン、ガンビア、カンボジア、北朝鮮、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、キューバ、キリバス、キルギス、グアテマラ、クウェート、クック諸島、グレナダ、クロアチア、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、コソボ、コモロ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、サウジアラビア、サモア、サントメ・プリンシペ、ザンビア、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、シリア、シンガポール、ジンバブエ、スーダン、スリナム、スリランカ、スロバキア、スロベニア、スワジランド、セーシェル、赤道ギニア、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネーヴィス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セントルシア、ソマリア、ソロモン諸島、タイ、台湾、タジキスタン、タンザニア、チャド、中央アフリカ、中華人民共和国、チュニジア、チリ、ツバル、トーゴ、ドミニカ、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、トンガ、ナイジェリア、ナウル、ナミビア、ニウエ、ニカラグア、ニジェール、ネパール、バーレーン、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バヌアツ、バハマ、パプアニューギニア、パラオ、パラグアイ、バルバドス、バングラデシュ、東ティモール、フィジー、フィリピン、ブータン、ブルキナファソ、ブルネイ、ブルンジ、ベトナム、ベナン、ベネズエラ、ベラルーシ、ベリーズ、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ボリビア、香港、ホンジュラス、マーシャル諸島、マカオ、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、マダガスカル、マラウイ、マリ、マルタ、マレーシア、ミクロネシア、南スーダン、ミャンマー、メキシコ、モーリシャス、モーリタニア、モザンビーク、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンゴル、モンテネグロ、ヨルダン、ラオス、ラトビア、リトアニア、リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルーマニア、ルワンダ、レソト、レバノン、ロシア、その他の地域• [特記事項] 国際連合安全保障理事会決議第2231号に基づくイラン向け大量破壊兵器等関連貨物の輸出等について(経済産業省) 2015年7月20日、国際連合安全保障理事会(以下「国連安保理」という。 貿易管理部(ぼうえきかんりぶ)は、であるのであるの下部組織である。

3

令和2年度 技術流出防止管理説明会・安全保障貿易管理説明会

1日は中国の輸出管理法が施行されましたが、対象となる品目や具体的な運用方法が明らかにされていないことから情報収集に努めていました。 【入省5年目~現在】課長補佐 産業技術政策や環境政策、知財・標準政策等を扱う部局のとりまとめ課で、日本の研究開発(イノベーション)振興や、地球温暖化関連の施策を担当しています。 165) 大阪大学大学院 医学系研究科 医の倫理と公共政策学教室 准教授 吉澤 剛 ・(CISTECジャーナル 2016. さらに、輸出禁止の行政制裁や組織イメージの悪化など、法律以外のダメージも甚大です。

2

令和2年度 安全保障貿易管理説明会(オンライン説明会)のご案内(四国経済産業局)

) ご利用には、ID・PWが必要です。 関連サイト• 過去には日本から輸出された炭素繊維が、ウラン濃縮の用途より核兵器開発のために転用された事例もあります。

28

貿易管理について ~安全保障貿易管理とワシントン条約~ E!KANSAI 平成27年 11月号 特集(近畿経済産業局)

ただ今後、安定的にネオジムを調達できるか不安だとして、ネオジムの在庫をふだんより20%ほど多く確保しているほか、取り引きをしている中国の業者と毎日のように連絡をとって情報を収集しています。

20

貿易管理(METI/経済産業省)

経済産業省: 関係機関• 155) ・経済産業省「「およびを掲載」(平成26年11月) 【包括的要望書提出に至るまでの各種要望・提言等】 ・ (CISTEC ジャーナル No. 140) UCIP法務調査部門リーダー 新潟大学産学連携推進機構 教授 松原 幸夫 (平成24年7月) (平成24年5月情報交換会資料) 【文科省等関係機関 報告書等】 ・ (CISTECジャーナル2016. 令和2年度は、当初中部地域で予定していた集合型説明会を全て中止とし、 オンラインにより計3回実施することとなりました。

27