「漢委奴國王」金印はなぜ志賀島に秘匿されたのか

この小銅鐸は、弥生時代後期終末の大分県宇佐市別府(びゅう)遺跡のゴミ廃棄場から変形した状態で検出された小銅鐸と同型であるとみられる(Web)。

20

漢委奴国王印とは

よくぞここまでと思うほど徹底的に「金印」の製作や技術について論じられています。

26

福岡史伝 -福岡の歴史をかんたん解説-

「読売新聞」2006年12月14日(木)朝刊、文化面「アート」欄(17面)に、 「 『 金印 』 真贋論争 再び ? 」 という長文の記事が載りました。 金印発見の経緯を述べた甚兵衛の口上書が存在するので、この男が発見者だとされてきたが、志賀島の古記録からは甚兵衛の名が確認できないのだ。

金印

「夫樂浪海中有倭人 分爲百餘國 以歳時來獻見云」と倭人の漢王朝への朝貢を伝える記事が、『漢書』地理志第八下の燕地条に記されていることから、楽浪郡は、かつて鉅燕が取り込んだ蓋国とはそれほど離れていない地域に設置されたと推察される。 昔は宮崎・鹿児島合わせて日向と呼んでいた事から考えて、古代において、この領域は一つの文化圏にあったといえよう。 地中から発掘されたにしては金印の状態が余りに良いために金印偽造説も出たが、書体の鑑定等から、偽造説については否定的な意見が大勢を占めている。

27

金印比べ。「漢委奴国王印」と「親魏倭王印」

【2つの金印と史料からわかること】 印綬の文言によって当時の日本の様子が窺えます。 6件のビュー 2016年6月8日 に投稿された• 東京特派員 陳世昌の署名記事で、金印の写真や志賀島の地図も入っています。 金印が発見された福岡県・志賀島。

14

「漢委奴國王」金印はなぜ志賀島に秘匿されたのか

福岡市博物館が二〇一八年一月に開催したシンポジウム 「『漢委奴国王』金印を語る~真贋論争公開討論~」である。

28

国宝|金印 漢委奴國王[福岡市博物館]

「後漢」といえば三国志の人物たちが 活躍を始める時代です。

1