GMが人工呼吸器を量産開始、フォードモーターは移動式の検査車両を提供…新型コロナウイルス

28) 3月7日(土)・8日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて予定されていた「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」(共催:トヨタ自動車株式会社、株式会社モビリティランド、本田技研工業株式会社)につきまして、お客様、ライダー、ドライバー、関係者の皆様の安全・安心を最優先に考慮し、開催を中止いたします。

13

ホンダが、アメリカと日本で新型コロナ感染防止支援活動を実施

GMはそれ以前から人工呼吸器製造を表明していたが、要請に基づきさらなる増産体制を敷く。 日本では、4月13日より感染者の搬送車両(仕立て車)について自治体への無償貸し出し等を開始し、5月1日までに、東京都、埼玉県、三重県、栃木県等の21自治体へ83台の納車を完了しています。 日本では、4月13日より感染者の搬送車両(仕立て車)について自治体への無償貸出し等を開始。

12

ホンダ、新型コロナウイルス感染防止支援を日本に続きアメリカでも開始。感染者搬送車両を提供(オートスポーツweb)

同研究センターでは、これまでに動物実験でタキシフォリンが老廃物を抑え、認知機能が正常に近い状態まで回復することを確認してきた。

15

ホンダ アメリカでの感染者搬送車両(仕立て車)提供、日本でのフェイスシールド生産開始|MotorFan[モーターファン]

Hondaは、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルス感染拡大防止にむけ、自治体への「感染者搬送車両(仕立て車)の提供」や「フェイスシールドの生産」などの支援活動を実施しています。

ホンダが、アメリカと日本で新型コロナ感染防止支援活動を実施(Believe Japan)

まずはミシガン州デトロイト市へ、日本時間5月6日に10台を納車。

ホンダ、人工呼吸器の主要部品生産=米で、月1万個

依然、見通しは不透明であり、適宜生産の調整は行なっていくが、足下のお客さま来場や受注状況は回復傾向にある。 。

19

COVID

今後もデトロイト市に続き、ニーズの高い自治体への貸与を検討していく。 また、フェイスシールドの生産を、ものづくりセンター栃木で5月11日より開始し、自治体を通じて、順次、医療現場の皆さまへ提供してまいります。

21

ホンダ、米国での感染者搬送車両(仕立て車)の提供と日本でのフェイスシールドの生産を開始

米国ではトランプ大統領の指示で、フォード・モーター(Ford Moter)やGMで人工呼吸器の生産が始まろうとしているが、同じく新型コロナウイルスの感染者が急増する欧州でも、大手自動車メーカーが人工呼吸器の生産に乗り出した。

3